So-net無料ブログ作成
検索選択

ムバラク前大統領らに罰金73億円。 [思想]

ムバラク前大統領らに罰金73億円。

2011年5月30日(月)

NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110529/k10013177351000.html

エジプトの裁判所は、28日、反政府デモが活発化していたことし1月下旬から2月上旬にかけてインターネットなどを遮断して、国内経済に深刻な損失を与えたとして、ムバラク前大統領ら前政権の幹部に対し、日本円で合わせて73億円の罰金の支払いを命じる判決を言い渡しました。

とありました。

東北の大地震、津波、原発事故で記憶の彼方にいっていましたが、ムバラク前政権の崩壊は今年の初めの出来事だったのかと、思い出さされました。

トップ3人に合計、73億円の罰金?大統領に?

調べてみると、日本でもありました。

日本では、ロッキード事件で「懲役4年、追徴金5億円の有罪判決が下った。」と記録にありました。その後、「上告審の最中の1993年(平成5年)12月16日の田中の死により公訴棄却(審理の打ち切り)となった。」とありました。

この事件は、約35年前の事件でした。

共通していることは、実力者が起こす、実力がある故に起きた事件と思う。

日本では、考えられないのですが、なぜ、確か30年の間、ムバラク大統領は政権を維持続けることが出来たのか、考えてみた。

たぶん、エジプトは実力が物を言う社会なのだろうと思う。

エジプトの歴史を見ると、紀元前3000年前から、戦争によって、その勝者が、政権を取ってきているようだと思う。

地図を見ると、日本は世界の東の果て、イギリスは世界の西の果て、アメリカは、別の世界。

エジプトは世界の中央辺り。

日本は日本人、イギリスはイギリス人、と単民族。アメリカは多民族でも、移民での構成。

エジプトは文化、言語、宗教、民族も時代により、武力によって、歴史が刻まれてきた。

日本は、単一民族による抗争。中国は、抗争があり、国が変わっても、大きく見れば中国人。

エジプトの歴史は、民族、国の衝突の繰り返しで、実力が制してきた世界だと感じる。

近代に於いても、実力者が、実力で、政権を担当し、国民が実力者を容認するのは、民主社会に於いても、心に深く、根ざした、歴史からくる文化なのだろうか。

実力者が、長く君臨する、社会に、初めて、国民が民衆の力の結束でノーを突きつけたのが、ムバラク政権の終焉だったのだろうか。

その国民の武器は、爆弾でも銃でもなく、無血のインターネットだった。

インターネットは、30年の独裁者よりも強く、銃よりも強かったという結末になった。

ムバラク前大統領の、今回の罪は「インターネットなどを遮断して、国内経済に深刻な損失を与えた。」と報道されている。

これは、初めて聞いた罪となった。

民衆は優れた、強い、リーダーを望み、それに選ばれたリーダーは、民衆の為にという事から、いつの間にか独裁へと脱線するのかもしれない。

いつの頃からか、独裁と呼ばれるようになり、民衆と離れていく。

つい先ごろまでは、デモはあっても、今回の様な大きなデモは無かったと思う。。

民衆の意思の疎通がうまく出来なかったからだと思う。

これに、インターネットが加わり、民衆の意思の疎通はスムースになった。

これを、察知した、ムバラク政権は、それを遮断した。それが、保身のためだったのか、国のためだったのか・・・、ともかく、エジプトの裁判所は、国益に反する行為として、有罪との裁定を下した。

長い、紀元前3000年から延々と続いてきた、力での支配は、やっと、本当に、終焉を意味するのかもしれない。

 

リンカーンの名言「人民の人民による人民のための政治」が民主政治の原点だと思う。

世界中で、永遠に、忘れられることなく、実行される事を願う事にしよう。

 

では。

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ガンガンガン速

お邪魔いたします。
インターネットが民衆の武器になるんですね。
by ガンガンガン速 (2011-05-31 13:50) 

シュガーマン2000

ガンガン速様
コメントありがとうございます。
インターネットは、エジプトでは、民衆の正義の武器になったと思いますが、逆に、自殺に追い込む殺人兵器にもなる事もあるようです。やはり、銃もインターネットも武器じゃないんですね。本当の武器は、人の心かもしれないと思います。平和の為だけに使いたい心だと思います。
by シュガーマン2000 (2011-06-01 06:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。