So-net無料ブログ作成
検索選択

iPhone4S予約販売は20万台突破、「需要桁外れ」=米AT&T。 [思想]

iPhone4S予約販売は20万台突破、「需要桁外れ」=米AT&T。

2011年10月9日(日)

 プレジデントロイターに

http://jp.reuters.com/article/jpMobile/idJPJAPAN-23544620111008

 [7日 ロイター] 米AT&T(T.N: 株価, 企業情報, レポート)は7日、米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)の高機能携帯端末(スマートフォン)「iPhone(アイフォーン)」の新機種「4S」について、予約販売開始後の12時間で20万台以上の注文が入ったとし、「桁外れの需要」があると明らかにした。

とありました。 

 

ジョブズ氏の最期のパワーなのだろうか。

良く売れる。しかもそれが、普通ではない、桁外れと報道されているところが凄い。

アイフォン5と迷っている人が多いとも報道されていたし、自分でも迷っている状態だから・・・、

その中で、桁違いの売れ行き!と云う事は、凄い。

それは新たにiPhoneファンになる、新規に買われる人も桁違いに多いと云う事になるのだろうか。

しかも、この不景気、貧富の差の拡大状態の中にあっての話だから、なお更だ。

凄いに尽きると思う。

 

iPhoneファンの一人としては、ジョブズ氏がお亡くなりになった、彼のすばらしい功績の初代のiPhoneも手放しがたくなった気持ちも沸いてきた。

 

しかし、iPhone4Sは、感覚的には、現在の電話と云うよりも、まだ、SF映画の中の未来の電話と云うイメージがある。

それほど、ジョブズ氏の感覚は、未来をいったものだったのだと思う。

電話?もうその感覚ではない。

コミニュケーションツールなのだ。

まさに、スマートフォンのネーミングのイメージそのものなのだ。

 

彼の中には、これらのイメージは、何年前からあったのだろうか・・・。

改めて、凄い人だった・・・、のだ。

 

改めて、彼に敬意を込めて・・・、 

ここは、もう少し、個人的には、初代のiPhoneを大事に使ってみよう。

感謝です。

 

では。

 

 

 

 [7日 ロイター] 米AT&T(T.N: 株価, 企業情報, レポート)は7日、米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)の高機能携帯端末(スマートフォン)「iPhone(アイフォーン)」の新機種「4S」について、予約販売開始後の12時間で20万台以上の注文が入ったとし、「桁外れの需要」があると明らかにした。

 アップルはスティーブ・ジョブズ前最高経営責任者(CEO)が死去する前日の4日、ティム・クック新CEOの下でiPhone4Sを発表。現行モデルの発表から16カ月が経ち、「大幅なデザイン変更」などに期待感が高まっていただけに、外見的に変化のない新機種に当初は期待外れとの声も多かった。

 しかし、証券会社のアナリストらは、ハードとソフト両面での改良にくわえ、音声認識機能「Siri」が顧客を引き寄せるとしている。

 iPhone4Sは10月14日に世界一斉販売されるが、米国ではAT&Tのほか、ベライゾン・ワイヤレス(VZ.N: 株価, 企業情報, レポート)とスプリント(S.N: 株価, 企業情報, レポート)の3社が7日からオンラインでの予約販売を開始。現行機種は当初AT&Tの独占販売だったが、発売開始後の3日間で170万台が売れていた。

 一部アナリストの間には、iPhone4Sは10─12月期に2700万─2800万台売れるとの見方も出ている。

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。