So-net無料ブログ作成

92歳の米国人がマラソン完走、女性世界最高齢 [思想]

92歳の米国人がマラソン完走、女性世界最高齢

 

[1日 ロイター] - 5月31日に米カリフォルニア州で開催された「サンディエゴ・ロックンロールマラソン」で、ノースカロライナ州から参加した92歳と60日強のおばあちゃんランナーが7時間24分36秒でフィニッシュし、マラソンを完走した世界最高齢女性となった。
イベントの主催者によると、この女性ハリエット・トンプソンさんは26.2マイル(約42キロ)レースを完走した。これまでの女性最高齢記録は2010年にホノルルマラソンを完走したグラディス・ブリルさんの当時92歳と19日。ギネスワールドレコーズは今のところトンプソンさんから正式な記録申請を受けていないとしている。
トンプソンさんはこれまでにがんを2度克服し、76歳でマラソンを始めた。今後もマラソンを完走したいと考えているという。
ギネスワールドレコーズによると、男性のマラソン完走者世界最高齢記録は、1976年に当時98歳で完走したギリシャのランナー。

 

エキサイトニュースにありました

 

 還暦を過ぎると、残りの命を感じるものですが

長生きしたい、しかし・・・

健康で!と誰しも願う

 

しかし、これは簡単そうでないことを

年々、自らの体で実感させられる

 

寝たきり、だったり

ボケて、だったり・・・

怖いのは、誰かに面倒をかけることは・・・

なんとか避けたい

 

一病息災という言葉がありますが

まるで健康ならば、健康の素晴らしさも

健康に関しゃすることにも気がつかない

 

一病息災ならば

健康に感謝し、体に感謝し

いたわることもできる

 

しかし、本当はこの彼女のように

スーパーウーマンの人生を送りたい

身体にも、心に感謝することにも気が付いて

感謝しながら、いたわりながら

無病息災の人生を羨望する

 

身体を傷つけて、初めて自分の愚かさを知る

これが普通の人の人生だと思う

 

だから

ものすごく

この人は

素晴らしい

 

もし私が挑戦したら

途中でばったりと

倒れて

残り少ない人生を

更に、短くすることになるに違いない

 

遅かりしといえども

これからは、最大限のいたわりと安らぎを

自分の心と体にしてあげたいと思います

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。