So-net無料ブログ作成
検索選択

囲碁の世界でも人間がAIに負けた記事について。 [思想]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間が人間の能力を上回るものを作り続けて来たのが科学の歴史だと思う。

身の回りにあるすべての小さな道具も、人間にない能力を持った道具だ。

電車、車、飛行機などになると人間の能力をはるかに超えたものだ。

 

人工知能AIが人間のある種の知能を超えた、というニュースは、やはり衝撃的だ。

これは、裏を返せば、天才と云われる人類最高の知能を持った人でも、

神の領域から 見れば、遥かに及ばないことを意味しているのかもしれない…。

 

いつか、人工知能が、さらなる人工知能を作る時代も遠くないような気がする。

そんな人工知能なら、宇宙のすべてを解き明かしてくれるかもしれない。

数学者を悩ませているという素数も解き明かしてくれるかもしれない…。

 

 

楽しみでもあり…。

すべてが解き明かされた時、

絶望に近い虚無感に襲われはしないだろうか…。

余計な心配だが…。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「AlphaGo」という“神”の引退と、人類最強の19歳が見せた涙の意味

WIRED.jp 5/28(日) 18:10配信

  •  

人類最強の棋士・柯潔(カ・ケツ)と囲碁AI「AlphaGo」の三番勝負は、AIの3連勝で幕を閉じた。完敗が決まった最終戦、19歳の柯はこれまでにない苦悶の表情を浮かべた。そして試合後の記者会見で、AIを開発するDeepMindはAlphaGoが囲碁を「引退」すると発表した。「囲碁の神」とまで言われたAlphaGoは、棋士そして人類に何をもたらすのか。現地からのレポート。

AlphaGoとの三番勝負の3局目、涙を拭った。

世界最強の囲碁棋士・柯潔(カ・ケツ)と、グーグル傘下のDeepMindが開発する人工知能(AI)「AlphaGo」による一連の対局は、2017年5月27日に柯が負けを喫して幕を閉じた。“フューチャーGOサミット”(Future of Go Summit)で5月23日、25日と行われた試合に続くこの結果により、柯の完全な敗北が決まった。


最後の試合、ぶどうやリンゴといった果物チョコレートクッキーを並べて対局に臨んだ柯は、これまでの2局より緊張しているように見えた。対局から2時間が過ぎたところでメガネを取り、手で顔を覆う。柯は苦悩しながら一手を打ち、そのまま席を立った。10分近い空白の時間のあと、席に戻った柯は涙を拭ってから次の一手を放つ。その後対局は1時間弱続き、柯は投了を宣言した。

18歳、人類最強

柯が囲碁を学び始めたのは2003年、5歳のときだ。アマチュア棋士として成功を収めてから、単身北京に渡った彼は11歳でプロに。その後、着実に成績を伸ばし、17歳で囲碁最高位九段を獲得する。2016年にはその後AlphaGoと戦うことになるイ・セドルに勝利し、3つの国際大会で優勝した最年少棋士となった。18歳にして、柯は人類最強の囲碁棋士という称号を背負うことになる。

輝かしい功績を誇る柯にとって、AlphaGoへの3回の敗北は辛いものだった。試合後の記者会見でも、その日の対局がどれだけ痛みのあるものだったか、そして恥じるべき自分のミスについて語った。さらに、最終戦前日の夜は眠れなかったこと、どんなテクニックを使えばAlphaGoに勝てるのだろうかと考えたと、自らの緊張を吐露した。

昨年のAlphaGoとイ・セドル戦の直後、柯は「自分なら勝てる」と豪語した。19歳で囲碁界の頂点に登り詰めた天才はファンから「柯潔大帝」と呼ばれ、その奔放さでも知られる。しかし、今回に関しては、柯の自らの実力への過信を責めることは難しい。世界最強の柯をして「囲碁の神」と言わしめるほどの圧倒的な進歩を、新しいAlphaGoが遂げていたからだ。

50局しか公開されない棋譜

そして「人類最強」を超えたAlphaGoは、そのまま囲碁から「引退」することになった。今回の試合が人間と対決する最後の場となり、DeepMindは新しいAlphaGoに関する論文を発表、囲碁AIの開発はほかの開発者に委ねられることが、試合後の記者会見で発表されたのだ。

「引退」を告げたDeepMindのデミス・ハサビスは、今回のサミットに参加した棋士、そして囲碁に関わるすべての人に感謝の意を表した。そして、過去のAlphaGo同士の対局データ50局分を10局ずつ10日ごとに公開することと、AlphaGoの「考え方」を囲碁の研究に活用できるツールを開発することを約束した。

ただ、発表の場にいた棋士のなかには、学習のために行われたAlphaGo同士の膨大な対局から50局分の棋譜しか公開されないことに、不信感をもつ棋士もいた。少なくとも100局以上の棋譜を分析しなければ、AlphaGoへの理解を深めることは難しいという。発表後すぐDeepMindのサイト上には10局分のデータが公開され、会場の棋士たちはスマートフォンを凝視し議論を始めていた。

囲碁は過程に過ぎなかった

2016年に突如姿を現わしたAlphaGoは、4,000年とされる囲碁の歴史に大きなインパクトを残し、別のステージに進むことになる。これは、AlphaGoを開発したDeepMindの理念が「人間の知性を解明する」ことであり、囲碁はあくまでもその過程にすぎないことを考えれば、当然のことだ。

2015年に「ブロック崩し」を完璧にプレイするAIを開発し世間を驚かせたスタートアップは、「人間を超えるために10年かかる」と言われた囲碁というゲームを通じて、いまだかつてない研究成果をものにした。記者会見でハサビスは、今後は特定の用途に限定されることがない、汎用性をもったAIの開発に取り組み、科学研究に貢献したいと語った。

サミット最終日とあって多くのメディアが詰めかけた記者会見は、前日の「ペア碁」「チーム碁」後の和やかな会見とは打って変わって、ある種の静けさに包まれていた。囲碁という創造の領域がもはや人間のみに属さないと証明されたこと、そしてDeepMindにとって囲碁は過程でしかなかったことに、人々は改めてショックを受けていた。

柯は試合後の記者会見で、「AlphaGoは世界を変えてしまったが、ぼくはぼく自身でありたい。そして囲碁が楽しいことを伝えたい。その責任がある」と語った。

遠くない将来、自分が誇りに思う領域に神のようなAIが現れたとき、われわれは何を思うのだろう。柯のように、神に勇気ある一手を放つことができるのだろうか。そして人生をかけた囲碁という文化の前進のために、AIと手を取り合うことができるのだろうか。

囲碁という4,000年の歴史をもつ文化を棋士たちがいかに発展させられるかは、AlphaGoのデータがいかに活用・公開されるかにかかっている。DeepMindが開発する囲碁研究のためのツールには、まず柯とAlphaGoの対局データが使われる。若き柯は、それを快諾したという。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。