So-net無料ブログ作成

インド、電気自動車のみ販売へ 2030年までに [思想]

私の一日のルーティンは

犬との散歩に始まり

神棚にお礼を述べ

シャワーを浴び

食事、出勤となる


神棚に手を合わせる時

世界平和と

地球の健康を

いつの日からか願うようになって来た


アメリカのパリ協定の離脱は矢張りショックだ


そこで、この記事には目を奪われてしまった


いろんな不安が吹き出ている昨今

テロの脅威もあり

戦争の予感もある


豊かさへの不安

幸福への不安も増えて来ている


何故だ?

21世紀だよ…

何故だ?


貧困も、戦争も経験し

克服して来たはずじゃ…なかったのか


マザーテレサが言われた

心の貧困


どうしたら、心の貧困を克服できるのか

どうしたら、心の豊かさが養えるのか

どうしたら、テロが起きない社会ができるのか

どうしたら、戦争が起きない社会ができるのか


人間の心の病に見えて仕方がない


助けていただけるのは…

太陽の恵みと地球の健康に寄るところが大きい


電気自動車…最高のプレゼントになるかもしれない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


インド、電気自動車のみ販売へ 2030年までに

6/4(日) 15:07配信

CNN.co.jp

ニューヨーク(CNNMoney) インド政府は4日までに、国内で販売する自動車を2030年までに全て電気自動車に限定するとの野心的な政策を明らかにした。

同国のエネルギー省は、インド上空の大気を清浄化するためガソリン使用の車両の販売を中止させる大胆な目標を据えたとブログで報告した。

ピューシュ・ゴヤル・エネルギー相は最近、電気自動車の開発努力を助長するため今後数年間、補助金を供与するとの方針を表明。この政策が進めば、電気自動車のコストは採算が取れるようになるとも予測した。

インド政府によると、電気自動車とハイブリッド車の年間販売台数は2020年までに600万台から700万台を見込んでいる。

インド経済は急成長を遂げているが、新たな産業の台頭や通勤客の増加で大気汚染も急速に悪化している。世界で大気汚染が最も深刻な国の1つともされ、年間120万人の死因になっていると推定する報告書もある。首都ニューデリーでの呼吸は1日当たりたばこ10本の喫煙に等しいと見る医者グループもいる。

インド政府による今回の計画を受け、米国の電気自動車メーカー「テスラ」のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は1日、これを歓迎する考えをツイッター上で表明。同社はまだ、インド市場に進出していないが、同CEOは過去に再三、インドでの店舗開設計画に言及している。

インドは他のクリーンエネルギーの開発計画も積極的に進めている。太陽光エネルギーの利用を増やす大規模計画にも取り組んでいる。同国のモディ首相はトランプ米大統領が地球温暖化対策のパリ協定からの離脱を宣言した後、同協定を順守する努力を倍増するとの決意も表明した。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。