So-net無料ブログ作成
検索選択

<ビタミンE>取り過ぎると骨粗しょう症の危険。 [思想]

<ビタミンE>取り過ぎると骨粗しょう症の危険。

03・05・2012(月)

Yahoo!ニュース に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120305-00000009-mai-soci

 3月5日(月)3時0分配信

 ビタミンEを取り過ぎると骨粗しょう症を起こす危険があることを、竹田秀・慶応大特任准教授の研究チームが突き止めた。ビタミンEは、老化防止に有効とされる抗酸化作用があり、最も人気のあるサプリメント栄養機能食品)の一つ。4日付の米科学誌ネイチャーメディシン(電子版)に発表した。

とありました。 

 

 

このニュース、かなりショッキングではないでしょうか。

 

記事に書いてある良い方の効能を信じてきたと思う。

つまり、良いことばかりのイメージだったと思います。

 

しかし、別にこのような働きがあるとはびっくりしました。

 

人間の体が、バランスよく摂取していれば、良い。

偏って、摂取量が増えれば、マイナスも出てくる。

・・・、と云う事なのかと。

 

若さの代名詞のようなイメージを持っていたビタミンEだが・・・。

人間、動物の、メカニズムは、複雑・・・。

やはり、バランスが一番大切と云う事なのだろうか・・・。

 

改めて、ネットで調べてみると・・・、

「摂取は許容上限摂取量以下にしましょう。」

と云う内容の事もかいてありました・・・。

 

 

では。

 

 

 

 

 

 3月5日(月)3時0分配信

 ビタミンEを取り過ぎると骨粗しょう症を起こす危険があることを、竹田秀・慶応大特任准教授の研究チームが突き止めた。ビタミンEは、老化防止に有効とされる抗酸化作用があり、最も人気のあるサプリメント(栄養機能食品)の一つ。4日付の米科学誌ネイチャーメディシン(電子版)に発表した。

 健康な骨は、骨を作る細胞と壊す細胞「破骨細胞」がバランス良く働いて維持される。ビタミンは骨の強度に関わり、特にビタミンDは骨粗しょう症の治療に活用されている。しかし、ビタミンEの働きは謎だった。

 チームがビタミンEを取り込めないマウスを作って調べたところ、破骨細胞の働きが弱く全身の骨量が多いことに気づいた。そこで、破骨細胞を培養し、ビタミンEを加えると、破骨細胞が巨大化することを発見。詳細に解析すると、ビタミンEが破骨細胞の巨大化に必要なたんぱく質の合成を促していることを突き止めた。

 さらに、正常なラットに毎日10ミリグラムのビタミンEを含んだ餌を8週間与えると、骨を壊す細胞の活動が高まり、骨粗しょう症になった。10ミリグラムは、人が1000ミリグラム摂取するのに相当し、主に海外で同量程度を含んだサプリメントが流通しているという。

 厚生労働省が定めるビタミンEの摂取上限は年代、性別で異なるが、最大は30~49歳の男性で1日当たり900ミリグラム。食品では魚卵や植物油、ナッツ類に豊富だが、例えばアーモンドでも100グラム当たり約30ミリグラムで日常の食生活では問題ない。

 竹田さんは「サプリメントの量ならば、骨がもろくなる可能性はある。骨の健康を維持するために摂取量を再検討してほしい」と話す。【久野華代】

 

 

 

 

 

 

 

 




<給食費>大阪市で未納4890万円 法的措置は4%。 [思想]

<給食費>大阪市で未納4890万円 法的措置は4%。

03・03・2012(土)

Yahoo!ニュース に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120303-00000039-mai-soci

3月3日(土)15時1分配信

 大阪市立の全297小学校で10年度末現在、保護者に支払い能力があるのに未納となっている給食費が計約4890万円に上っている。催促しても、保護者が「ケータイの支払いが先」「義務教育なので無料のはず」などと渋るケースが続出。市教委が支払い督促の申し立てなど法的措置を取ったのは4%の約215万円にとどまっており、市の外部監査を担当した公認会計士は積極的に請求するよう求めている。

とありました。

 

この問題、どうすれば収拾がつくのか想像もつかない・・・。

問題は、お金の問題ではなくて、考え方の相違の問題に見える・・・。

 

しかし、その問題は、論外におかれ、お金の問題としての対処ばかりのようにみえる・・・。

お金の問題だが、お金の問題ではないでしょう、とヘンな話になる・・・。

 

普通、誰でも、納得いかないお金は、びた一文出さない、と言う・・・。

自分でもここには同意する。

 

しかし、給食費をなぜ支払わないのかと云う事の理由については、理解できない・・・。

 

義務教育だから・・・、と云うご意見が書いてある・・・。

確かにと思う。

 

ここから、意見が食い違っているのが解る・・・。

ここからの意見が同じにならないと、支払いは、されないのだろうと思う・・・。

 

難しい問題だ。

日々の子供たちの生活は、待った無しだから・・・。

話が着くまで、棚上げと云う事も出来ない・・・。

 

しかし、なぜ、何処から、こんな、考え方の違いが始まったのだろう・・・。

昔は聞いたことも、そんな記憶も無いと思うが・・・。

きっと、どこかで、何かが原因で始まったのだろう・・・。

 

子供が犠牲になってはならない・・・。

という、大前提があると思う・・・。

解決は話し合いで、歩み寄りしかないと思いますが・・・。

 

腹を、割って、お互い納得のいくまで話し合われることは・・・、

出来ないことなのでしょうか・・・。

 

ぜひ、早期解決が出来ることを願っています・・・。 

 

すべては、その学校に通っている子供たちの為に・・・。

と願うことしか出来ない・・・。

 

 

では。

 

 

 

3月3日(土)15時1分配信

 大阪市立の全297小学校で10年度末現在、保護者に支払い能力があるのに未納となっている給食費が計約4890万円に上っている。催促しても、保護者が「ケータイの支払いが先」「義務教育なので無料のはず」などと渋るケースが続出。市教委が支払い督促の申し立てなど法的措置を取ったのは4%の約215万円にとどまっており、市の外部監査を担当した公認会計士は積極的に請求するよう求めている。

 市教委によると、02~10年度の累計未納者(児童)数は延べ2447人。市教委は、生活保護受給世帯など経済的に困難な家庭に対しては給食費の支払いを免除しており、未納者には支払い能力があるとみられる。しかし実際には、電話や文書で督促しても応答がない▽督促に対し「学校に行く」と返事したのに現れない▽夏休みに職場まで行ったが払わない--などの例が相次いでいる。

 市では10年度に市税などの滞納者への徴収を強化するチームを結成し、給食費の滞納についても法的措置を取るようになった。市教委のガイドラインでは、3カ月以上の未納で校長が保護者と面談して請求。応じない場合は督促状を交付し、未納期間が6カ月を超えれば「校長意見書」を市教育長に送付して法的手続きを求める。

 だが、保護者との関係悪化を恐れる校長のところで手続きがストップしているのが現状。「給食制度に反対」だとして拒む親もいるという。市内のある小学校長は「子ども手当の支給日に支払いを催促したり、目の前で計算機をたたいたりしたこともある」と苦労を打ち明ける。

 10年度末現在で支払いを督促された保護者は13人(最高額で約46万円=延べ7年分)。監査報告書で「納付している保護者の納得が得られずモラルハザードの温床になりかねない」と指摘された市教委は「法的措置のハードルを下げるなど対策を考えたい」としている。

 民法は、債権は請求しなければ原則10年で消滅すると規定。例外的に1~5年の短期消滅時効を定めており、「生徒の教育や衣食にかかる債権」は「生産者や商人が販売した商品についての債権」などと並んで2年で時効になる。【林由紀子】

 ◇05年度は全国で22億円

 文部科学省が給食を実施している全国の国公私立小中学校約3万2000校を対象に行った06年の調査では、05年度の給食費の未納は約1万4000校で発生し、総額は約22億3000万円に上った。

 このうち、提訴や差し押さえ、支払い督促の申し立てなど法的措置に踏み切ったのは全体の約2%に当たる約280校。10年に全国の公立小中学校610校を対象に行った抽出調査では5.3%となっており、法的措置を取る例は増加傾向にあるとみられる。

 近畿の政令市では、大阪市の他、神戸市も09年度から法的措置を取っており、10年度までに発生した未納給食費754万円のうち、81万円について支払い督促を申し立てた。京都市と堺市は法的措置を取っていない。

 

 

 

 

 

 

 




“一番長い日”羽生二冠が全勝。 [思想]

“一番長い日”羽生二冠が全勝。

03・03・2012(土)

NHKニュース

将棋界の一番長い日」と言われる、プロ棋士たちのA級順位戦の最終戦は、3日未明まで15時間以上にわたって対局が行われ、羽生善治二冠が史上3人目の全勝をおさめて、来月から始まる名人戦に挑むことになりました。

とありました。

 

時々、新聞の詰め将棋を楽しんでいますが、回答は難しい。

9手詰め辺りから、無い頭を絞り上げても・・・、という感覚になる。

13手詰め辺りから、一日中絞り上げても・・・・、となり、

15手詰め以上になると、それが、一週間となる。

 

コンピュータで回答を求めると、瞬時に回答が出る。

その速さは、秒速以下だから、すごい。

初めから、回答が記憶されているが如くに表示される。

 

しかし、この神業にも見えるコンピュータも遥か、人間の将棋士には及ばないと聞く。

この人達の頭脳は果たしてどうなっているのだろうか、と驚かされる。

 

それにしても、詰め将棋レベルでも将棋は面白い。

正解は一つしかない。

その意味は、最上の攻撃をして、最上の守りをした時の話になる。

もし、守りに一つのミスが出れば、より早く詰む。

もし、攻撃に一つのミスが出れば、それは、詰める事が出来ない。

 

最終盤で守りの選択は複数あるときはあるが、それは、既に、袋のねずみ状態になっての事だから、

やはり、正解は一つという事だと思う。

 

更に驚くのは、彼達の集中力だと思う。

学校の授業で1時間弱。

普通、仕事で、何時間だろうか、集中力は薄れていく。

そして、効率、が落ちていく。

そこで、回復の休憩がいる。

 

集中力がある時と無い時では、力が発揮出来る差が歴然とある。

いかに、名人といえどもだろうと思う。

たかだか、詰め将棋でも、解けないで30分もすれば、心が弱くなってくる。

つまり、脳が悲鳴を上げる。

「解けない・・・。」

そこから、急激に集中力が落ちていく。

気分転換が必要となってくる。

 

しかし、勝負はそうは行かない。

音を上げた方が負ける。

 

頭脳、体力、気力がすべて最高状態にある人が名人の位置を獲得できるということなのかと思う。

 

これは、どの他の分野でも同じことが言えるのだろうと思う。

 

すごい人達が、いる・・・。

 

現実の人間社会はどうだろう・・・。

しかし、それでも、人間社会は、正解が見つかっているようには見えない。

昔の偉人達は、人生を説かれて入るが・・・、

「将棋の駒は、指す人の意思に添って100%正確に動かす事が出来る。

しかし、人間は、神のご意思でも、その意思に添っては、動かない、勝手に動く。」

というかもしれない。

 

物があれば、幸せになれると思っていた昭和の時代・・・。

物が有っても、幸せになれない平成の時代・・・。

何が、揃えば、人間は幸せになれるのだろうか・・・。

 

こう考えてくると・・・、

将棋も、遥かに難しいが、

人生は、更に、遥かに難しいのか・・・。

はたまた、巡り巡って、一巡して・・・、最もシンプルなのか・・・。

 

そうか、ひとつには、

将棋は相手との戦いだが・・・。

人生は、相手との戦いではない・・・。

もう・・・、

地球上に、人類の戦いはいらない・・・。

敵対はいらない・・・。

世界中味方・・・。

 

と考えれば、人生は・・・。

どうだろう・・・。

 

どうだろう・・・。

 

どうだろう・・・。

心のどこかで、言い切れるか、言い切れないか・・・。

もう既に・・・、

やさしさだけで生きている人も多くいるようにも思えるが・・・。

どうだろう・・・。

 

 

 

では。

 

 

 

「将棋界の一番長い日」と言われる、プロ棋士たちのA級順位戦の最終戦は、3日未明まで15時間以上にわたって対局が行われ、羽生善治二冠が史上3人目の全勝をおさめて、来月から始まる名人戦に挑むことになりました。

A級順位戦は、毎年、トップクラスの10人のプロ棋士が、名人への挑戦権を懸けて戦うもので、最終戦の5つの対局が、2日午前10時から、東京渋谷区の将棋会館で始まりました。
この日で順位やB級への降格が決定する最終戦は、ファンの間で「将棋界の一番長い日」と言われており、対局は、休憩を挟んで、およそ15時間後の3日午前1時すぎに、すべて終わりました。
その結果、現在、「王位」と「棋聖」のタイトルを持つ羽生善治二冠が、郷田真隆九段に勝って、史上3人目の9戦全勝をおさめ、来月から始まる名人戦で、森内俊之名人に挑戦することになりました。
羽生さんは去年の名人戦で森内名人にタイトルを奪われており、今回は返り咲きを狙うほか、タイトル獲得数の史上最多記録を懸けて、名人戦に臨みます。
ことしは、江戸時代に初めて将棋の「名人」が生まれてから、ちょうど400年の節目ということもあって、これまで以上に注目の対局となりそうです。
名人戦七番勝負は、来月10日の東京での対局から始まります。
対局を終えた羽生さんは、「A級順位戦の全勝は、かなり難しいことだと思っているので、できてよかった」と述べ、「ことしは名人400年の節目の年なので、コンディションを整えて、大舞台にふさわしい将棋を指したい」と抱負を話していました。


.フェラーリ、最速の市販車クーペを発表へ 340キロ可能。 [思想]

.フェラーリ、最速の市販車クーペを発表へ 340キロ可能。

03・02・2012(金)

Yahoo!ニュース に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120301-00000023-cnn-int

 3月1日(木)23時3分配信

(CNN) イタリアの高級車メーカー、フェラーリは2月29日、スイスで来月開幕する「ジュネーブモーターショー」で同社の市販車としては最速性能を誇る新型クーペモデル「F12ベルリネッタ」を披露すると発表した。

とありました。
この記事をみると、やはり、世の中は不景気では無いと云う判断をお偉い方々はされるのだろうか。

 

そうではなくて、ますます、貧富の差がひどくなったと判断いただけるのだろうか。

 

それにしても、フェラーリのする事はすごい。

男子、憧れの的に間違いない。

車を、実用車、と見るか、贅沢の極みの一品と見るか。

日本の車は、実用車の粋を出ることは出来ない、出来ていない思う。

いくら、最高級車だといっても、実用車の範疇にいると思う。

 

しかし、フェラーリは、きっと、コンセプトから、夢の中にいるのだろうと思う。

スタイルも、速さも、価格も、夢の中。

夢の中でしか、出来ない車だと思う。

車の形をした夢を売っていると思う。

 

世界一のBMもTOYOTAも太刀打ちできない。

本当に、夢だ。

こんなにお金の掛かる夢を現実に出来る人は幸せだと思う。

 

それにしても340kmは日本では絶対に無理。

アメリカでは、出せる所はいっぱいある。

しかし、スピード違反で捕まれば、罰金も夢のような金額になるかもしれない。

出せる所ははやり、ドイツのアウトバーンしかないのだろうか。

それより、問題は、ドライバーの腕にかかっている。

いや実際340kmでなくても60kmでも乗れば、走れば、フェラーリだから夢は叶うのだろう。

 

現実的には、車輪が回る、最高時速は、現実的には、まだ早くできるのだろうか。

新幹線等も同じ速さで競っているのだが・・・。

出来るのだろうが、腕、安全性を考慮すれば、これでも限界を既に超えている数字という事かもしれない。

 

はたして、世界中の人の中で、何人の人が、夢を現実に出来るのだろうか。

 

では。

 

 

 

 

 3月1日(木)23時3分配信

(CNN) イタリアの高級車メーカー、フェラーリは2月29日、スイスで来月開幕する「ジュネーブモーターショー」で同社の市販車としては最速性能を誇る新型クーペモデル「F12ベルリネッタ」を披露すると発表した。

「599」型の後継モデルで、730馬力で6.3リットルのV12エンジンを搭載。発進から約3秒で時速約97キロ(60マイル)に到達可能とこれまでのフェラーリ車では最も速い。最高速度は約340キロ。

価格は発表されていない。「599」型の価格帯は約31万米ドル(約2513万円)から始まっている。

同社はまた、燃費効率を改善させ599型に比べ30%向上したと強調。一般公道や高速道路の合わせた使用で約3.8リットル当たり約27キロの走行が可能と説明している。

エンジンはフロントのミッドシップ部分の底部に搭載して車体バランスの向上などを最大限図ったとしている。車体の大きさは小さくなったが、他車には見られない特別な車内スペースの確保を目指し、快適さを追求したとも主張した。

フェラーリは昨年、売上高と収益で史上最高額を記録。世界規模で7200台を販売、米国内でも新記録となる約2000台を売っていた。収益は2億8000万ドルだった。

同社はイタリアの自動車大手フィアットの完全子会社。フィアットは米クライスラーと業務提携している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。