So-net無料ブログ作成
検索選択

バレー日本女子 五輪出場が決定。 [思想]

バレー日本女子 五輪出場が決定。

2012年5月27日(日)

NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120527/t10015410611000.html

バレーボール女子のロンドンオリンピック世界最終予選で、日本は最終戦の相手、セルビアにフルセットの末敗れましたが、3大会連続のオリンピック出場が決まりました。

世界最終予選は8チームが総当たりで対戦し、日本は3位までに入るか、上位3チームを除くアジアのチームの中で最も上位になればオリンピック出場が決まります。
世界ランキング3位の日本は、ここまで4勝2敗の勝ち点11で全体の4位につけ、27日の第7戦でランキング6位のセルビアと対戦しました。
日本は第1セットキャプテンの荒木絵里香選手の活躍で25対18で奪いましたが、第2セットはセルビアのパワーに押されて21対25で失いました。
続く第3セットは、江畑幸子選手の連続のサービスエースなどで25対19で取りました。
日本は、このあと2セットを続けて落としてセットカウント2対3で敗れましたが、上位3チームを除くアジアの中で最も上位となることが確定したため、3大会連続のオリンピック出場が決まりました。

とありました。

 

おめでとうございます。

すべての試合は見れたわけではないが、

見た試合は、やはり、厳しい試合だっと思う。

 

柔で剛を制す。

ちびがノッポに勝つ。

これは、努力と、技術、

そして、モチベーション、つまり根性、

それしかないと思う。

 

世界は、のっぽで、技術と努力を備えてきた。

モチベーションも高い。

もう、これでは、勝てるはずはない、と思う。

 

しかし、されど、頑張ったと思う。

悔しくもあり、嬉しくもあり。

なかなか思いは届かない。

力尽きた思いもあったと思う。

それでも、頑張った。

 

そして、

本当の決戦の土俵に上がれることが決定したと伝えられた。

おめでとうございます。

 

オリンピックでは、

きっと、

真摯な、そして、ひたむきさに、

運も味方してくれるはずだと思う。

 

そして、

きっと、良い夢を、叶えられると思う。

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 


漂着バイク 米の博物館に展示へ。 [思想]

漂着バイク 米の博物館に展示へ。

2012年5月27日(日)

NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120526/k10015391901000.html

東日本大震災の被災地からカナダ西海岸の島に流れついたオートバイについて、持ち主の宮城県の男性が、震災の記憶を風化させないために役立てて欲しいと希望したため、オートバイのメーカーは、当初予定していた修理は行わず、アメリカ国内の博物館で一般に公開すると発表しました。

このオートバイは、先月、日本からおよそ6500キロ離れたカナダ西部のグラハム島に住むピーター・マークさんが海岸で発見しました。ナンバープレートなどから、持ち主は宮城県山元町の横山育生さん(29)で、震災による津波で流されたものと分かり、製造したアメリカのハーレー・ダビッドソンが、無料で修理したうえで、横山さんに届けたいと申し出ていました。
しかし、横山さんが、オートバイを多くの犠牲者を出した東日本大震災の記憶を風化させないために役立ててほしいという意向を伝えてきたため、メーカー側は、アメリカ中西部のウィスコンシン州にあるハーレー・ダビッドソン博物館で、発見されたときのままの姿で一般に公開すると、25日、発表しました。
現在、カナダのバンクーバーに保管されているオートバイは、近くアメリカに移送されるということで、博物館に展示する際には、横山さんと発見者のマークさんを現地に招待したいとしています。マークさんは、NHKの取材に対し、「横山さんの申し入れは理解できますし、多くの人に見てもらうのはいいことです。オートバイを見つけて、本当によかったと思います」と話していました。

とありました。

 

????、オートバイが、6500キロも漂流して、カナダの海岸に漂着した?

????、太平洋を横断するのは、冒険家にとっても、たやすいことではないのだと思うが・・・。

 

どのように、梱包すれば、

重さは、何キロあるのだろう? 

100キロ以上はあるのだろう・・・、

そんなものが、

太平洋の海底に沈まないで、

カナダまで漂流させるためには、

させようとしても、むつかしいと、素人には思えるのだが・・・。

 

そこにも、神のご意思が働いた、としか、

思えないような出来事のように感じてしまう。

 

ご本人は、きっと、

さらに、多くのことを感じられたのかもしれない。

大震災の記憶を風化させないように役立てて欲しい・・・。

と申し出られたと伝えられている。

 

それを受けた

ハーレの計いも素晴らしいと思う。

持ち主の彼の心が、祈りが、

これからの未来に届けばいいと思う。

 

きっと、それが、神のご意思なのかもしれない。

・・・、とも感じたりする。

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 


飲酒で重体だった大学生死亡。 [思想]

飲酒で重体だった大学生死亡。

2012年5月25日(金)

NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120525/k10015364121000.html

今月7日、北海道小樽市の大学で酒を飲んでいた学生9人が急性アルコール中毒の症状で病院に運ばれ、このうち意識不明の重体になっていた19歳の男子学生が24日夜、入院先の病院で死亡しました。

とありました。

 

学校でよく起きる事件・・・。

この手の殺人事件まがいの事件。

そして、教師の盗撮事件。

 

「教育を何と心得て居るか?」

と、誰も、教育関係者のトップは言わないのだろうか。

 

水戸黄門様でも、タイムカプセルででも、

お連れしないと、

いつまでたっても、

同じことが、

繰り返し起きるのだろうか・・・。

 

庶民の言える言葉は、

「嘆かわしい・・・。」

とため息しか出ないのか・・・。

 

では。

 

 

 今月7日、北海道小樽市の大学で酒を飲んでいた学生9人が急性アルコール中毒の症状で病院に運ばれ、このうち意識不明の重体になっていた19歳の男子学生が24日夜、入院先の病院で死亡しました。

今月7日、小樽市の小樽商科大学のグラウンドでバーベキューをしながら酒を飲んでいたアメリカンフットボール部の学生のうち、9人が急性アルコール中毒の症状で病院に搬送されました。
このうち8人は、すでに退院しましたが、警察によりますと、意識不明の重体の状態が続いていた札幌市の19歳の1年生の男子学生が24日夜、病院で死亡したということです。
これまでの大学の調査で、アメリカンフットボール部では1年生が4年生のところにコップを持って行き、つがれた酒をその場で飲み干すことが習慣になっていたということですが、死亡した男子学生の当時の状況については詳しく分かっていないということです。
大学では教職員でつくる調査委員会が、部員から聞き取りをするなどして引き続き当時の状況を調べることにしています。
25日未明に記者会見した小樽商科大学の山本眞樹夫学長は「ご遺族の想いを察すると、どう言ったらよいか分かりません、心からお悔やみを申し上げるとともに関係者の方々に深くおわびいたします」と謝罪しました。


ピンクの花一面に 芝桜が見頃。 [思想]

ピンクの花一面に 芝桜が見頃。

2012年5月25日(金)

NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120524/k10015361191000.html

北海道南部の木古内町で、郊外の公園に植えられた芝桜が一面にピンクの花を咲かせて見頃を迎えています。

木古内町の「ふるさとの森公園」の芝桜は、26年前にきれいな花でまちを彩ろうと植えられ、去年、3年後の新幹線開業を見据えて新しく2000株増やされました。ことしは雪が多かったことから、例年より10日ほど遅れて見頃を迎え、今公園では桜と共におよそ2万8000株の芝桜が一面に咲き誇っています。
24日の木古内町は青空が広がり、公園には幼稚園児や地元の人などが訪れ、ピンクのじゅうたんを敷き詰めたように咲いた芝桜を楽しんでいました。
幼稚園の女の子は「いっぱいあって、すごくきれいだった」と話していました。
また、町内の男性は「とてもきれいだし、今しか楽しめないので3日連続で見に来ました」と話していました。
木古内町によりますと、「ふるさとの森公園」の芝桜の見頃は今月いっぱいだということです。

とありました。

 

北海道で見る芝桜は、また格別かもしれないと思う。

広島で、芝桜公園を訪ねて、堪能させていただいた記憶ははっきりとある。

 

しかし、

広島の春の花たちは、すっかり、役目を終えた。

 

山に目をやれば、既に、明るい緑と、深い緑と、緑一色になった。

それも、きれいだ。

命の、輝きを教えてくれる。

 

民家の庭に目をやれば、

アチラコチラで、

バラの花が、綺麗に咲き誇ってきた。

バラの花の色は、強烈で美しい。

黄色は真黄色。

赤は真っ赤。

 

原色の言葉を代表するかのような原色だ。

 

しかし、花は、

それぞれ、個性を持って、それぞれが美しい。

 

さてさて、自分は、どんな色だろうか。

美しい色だろうか。

疑問だ・・・。

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スカイツリー 初日の営業終える。 [思想]

スカイツリー 初日の営業終える。

2012年5月23日(水)

NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120522/t10015305731000.html

22日に開業した高さ634メートルの世界一高いタワー東京スカイツリー」は午後10時に初日の営業を終えました。

夜になって強風のため地上450メートルの展望台の営業を中止する一幕もありました。


東京スカイツリーは地上デジタル放送に対応した電波塔として東京・墨田区に建設され、高さ350メートルと450メートルに展望台が設けられています。

22日はまず東京スカイツリーに併設した複合商業施設「東京スカイツリータウン」が午前中にオープンし、雨の中、待ちわびていたおよそ5000人の人たちが次々と店に入って買い物を楽しんでいました。

続いて、スカイツリー本体の開場式が行われ、テープカットのあと、スカイツリーの名付け親に選ばれた埼玉県の中澤歩さん(42)が息子で中学1年生の謙太さん(12)とともに一足先に展望台に登りました。

そして、正午に開業すると朝早くから並んでいた人たちが4基の専用エレベーターに乗って次々に地上350メートルの展望台を目指しました。

およそ50秒後にエレベーターが展望台に到着すると、訪れた人たちは歓声を上げながら窓際に駆け寄っていました。

22日はあいにくの雨で、展望台は雲に包まれて周囲の景色はあまり見えませんでしたが、訪れた人たちは真新しい内装や展示されている地図などを見て雰囲気を楽しんでいました。

一方、強風の影響で午後6時前から地上350メートルの展望台と450メートルの展望台を結ぶエレベーターの運転を取りやめ、午後7時半すぎから地上450メートルの展望台の営業を中止しました。

スカイツリーのそのほかの施設については定刻の午後10時に初日の営業を終えました。


とありました。


広島にいると、その素晴らしさは、想像にむつかしい。

頭を巡らせて、いろいろと、考えてみると・・・、

近くにある、山はどうだろうかと調べてみた。


市内の真ん中にほど近い山、黄金山はどうだろうか。

調べてみると、標高221m だった。

はるかに低い。

しかし、実際にこの山に上がると市内は一望できる。

黄金山02042012C 黄金山02042012B

それでも、この高さがある。

スカイツリーの450mの展望台は、このバイの高さに当たる。

なんという高さだろうか。

さらに、近くの山を調べてみると、呉市に、音戸を抱える休山というのがある。

その高さが、497mだった。

そこは、年に一回、初日の出を見に行っているところだ。

その眺望がこれです。

06202011 165

これくらいになると、感覚的に、高さがわからない程高い。

 

この眺めの高さと同じに違いない。

なんという高さだろうか。

人間の作り出した高さには思えない・・・。

 

昔、エンパイアステートビルに登ったことがある。

ウイキペディアに

エンパイア・ステート・ビルディングの屋外展望台は世界的に有名なもののひとつであり、1億1千万人を越える来場者が訪れている。ビルの86階(320m)にある屋外展望台からは窓越しではなく、直接ニューヨークの街を360度一望することができる。102階(381m)にある第二展望台は1999年に一度閉鎖されたが、2005年11月の再オープンより追加料金を支払うことで入場できるようになった。

とあります。

きっと、102階の展望台に行ったという記憶があるが、それでも、381mで、80m位も低いことになる。

その時の、ニューヨークの高層ビルを、足元に見下ろした風景は、

それでも、信じられないほどの驚きを感じたことがある。

 

このスカイツリー、これまでの、記憶を塗り替える、素晴らしい眺めを、

プレゼントいただくのだろうと思う。

ブームは去らないかもしれない。

いつまでも、入場できないかもしれないが、

やはり、訪ねてみたいと思う・・・。

 

 

では。

 

 

 

 




 


全国で金環日食の“限界線”探し。 [思想]

全国で金環日食の“限界線”探し。

2012年5月22日(火)

NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120521/t10015275181000.html

金環日食が見える場所と見えない場所との境の線を“限界線”と言いますが、今回の日食では、全国の市民も巻き込んで日本を通る限界線探しが行われました。
これによって太陽のより正確な直径を求めることにもつながると期待されています。

とありました。

 

このニュース、ちょっとびっくりで・・・。

現在では、総て解っているものと思いきや・・・、ですね。

 

太陽の正確な直径まで解っていなかったんだ・・・。

ましてや、ナサの予想が、外れるなんて考えてもみたことが無いが ・・・。

 

それ程、難しいということなのだろうか。

5月21日朝7時半に・・・、という風に、正確だと思っていたが・・・。

場所の特定は、それ程、難しいというより、

解っていない事での誤差ということということか。

 

今回が、正しいデータが取られることで、

より正確な、サイズがわかり、

次回の予測は、より正確になるということにつながることになる・・・。

ということなのだろう。

 

それにしても、宇宙科学の進歩はすごい。

素人から見れば、

神のみぞ知る・・・、ことが、

科学者も知っている・・・、

ことになり、素人にも、共有できる事となる。

 

お陰さまで、すばらしい天体ショーに、

ワクワクさせていただくことが出来た。

すばらしい一日でした。

感謝です。

ありがとうございました。

 

 

では。

 

 

 

金環日食が見える場所と見えない場所との境の線を“限界線”と言いますが、今回の日食では、全国の市民も巻き込んで日本を通る限界線探しが行われました。
これによって太陽のより正確な直径を求めることにもつながると期待されています。

世界各地で起きる日食について、NASA=アメリカ航空宇宙局は、時間や場所を予測し、限界線を公開していますが、誤差があるとされています。
国立天文台の相馬充助教らは、今回の金環日食の限界線について、日本の月探査衛星「かぐや」が捉えた月の表面の凹凸のデータを基に、独自に計算し割り出した結果、NASAの予測と南東側におよそ4キロもずれていることが分かりました。
どちらの予測がより正しいのか、国立天文台や兵庫、長野鹿児島などの科学館、それに高校が各地の市民を巻き込んでプロジェクトを作り、21日、観測に臨みました。
どこで金環日食になったのか、ならなかったのか、インターネットを通じて全国から寄せられた情報は、これまでに1万件余りに上りました。
プロジェクトでこれらのデータを分析したところ、NASAの限界線付近で金環日食にならなかったという報告が多かったのに対し、国立天文台の限界線付近では、見えたという報告と見えなかったという報告が、それぞれ半数ずつだったということです。
プロジェクトの呼びかけ人の1人で、長野工業高等専門学校の大西浩次教授は、国立天文台の限界線により近いところに本当の限界線があるのではないかとみています。プロジェクトでは、情報をさらに分析し、今回、市民が参加して調べた限界線と国立天文台が予測した限界線とのずれを明らかにすることにしています。
このずれは、100年以上前に求められた太陽の直径の値が正確ではないことから生じているとみられ、限界線の分析によって、今後、太陽のより正確な直径を求めることにつながるものと期待されています。


「金環日食」 各地で観測。 [思想]

「金環日食」 各地で観測。

2012年5月21日(月)

NHKニュースに

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120521/k10015257081000.html

太陽に月が重なり、指輪のような形に見える「金環日食」が鹿児島県から福島県までの各地で観測され、多くの人たちが世紀の天体ショーを楽しみました。

とありました。

 

近くの山に上がり、見れる事を願っていましたが・・・、

なかなか、厚い雲に阻まれ、時間だけが過ぎいきましたが、

風もあったようですし、時間の経過と共に気温も上がったせいか、

雲の切れ間に見えるようになりました。

 

肉眼で、雲を通して見える状態が、最も美しかったと思います。

その後、雲は薄くなり、切れ始めると、

肉眼で見ることは、あまりの眩しさで、姿を確認するどころか、

目を向ける事すら出来なくなりました。

 

それから、しばらくの間、観測用グラスで、見とれる事、見とれる事・・・。

車を更に、山頂に走らせ、

ダブルのご褒美を頂いた気分になりました。

眼下に、朝の瀬戸内海が広がり、

空には、日食の、刻々の変化も見させていただきました。

 

やはり、神秘。

この、広い宇宙で、地球と月と太陽が一直線になるとは・・・。

しかも、見掛け上、月と太陽がほぼ同じ大きさになる距離の配分は、

神が、人間たちへのご褒美なのかもしれないと、

勝手に思いたい・・・。

 

一生のうち、一度見れるか見れないか・・・、

すばらしい、神からの贈り物でした。

感謝です。

 

 

では。

 

  

 

太陽に月が重なり、指輪のような形に見える「金環日食」が鹿児島県から福島県までの各地で観測され、多くの人たちが世紀の天体ショーを楽しみました。

国内では昭和62年の沖縄県以来、25年ぶり、3大都市圏を含む広い範囲では932年ぶりとなる「金環日食」は、午前7時16分ごろに鹿児島県の離島から始まり、西から東にリレーするように観測ポイントが移っていきました。
NHKの取材班が入った日本で最も早く観測できる場所の一つ鹿児島県三島村の硫黄島では、厚い雲に覆われ、太陽が隠れて見えませんでしたが、同じ鹿児島県の阿久根市では、7時21分ごろ、雲の切れ間からリング状につながった金環日食が観測されました。
その後も高知県室戸岬や、大阪、名古屋、東京などでも金環日食が観測され、福島県いわき市では7時35分ごろから、きれいに輪になった金環日食が見られました。
長野県塩尻市では、金環日食になった瞬間の僅かな時間だけに見られるベイリービーズと呼ばれる現象が観測され、月の谷間からこぼれる小さな光の粒が連なってビーズのように見える様子をNHKのハイビジョンカメラが鮮明に捉えることに成功しました。
20日までは多くの地域で雲や雨となる予報で、観測が危ぶまれましたが、日食が観測できる時間帯が近づくにつれて、各地で雲が薄くなったり、雲の切れ間から太陽が顔をのぞかせたりして、結果的に多くの場所で金環日食が観測できました。
今回は、金環日食が見られない地域でも、太陽が80%から90%欠ける部分日食が午前9時ごろまで観測でき、全国各地で観測会が開かれたほか、小学校などでは登校を早めて全校児童で観測するなど多くの人たちが世紀の天体ショーを楽しみました。

日本一高い展望台でも観測

270メートルの高さにある東京・六本木のビルの展望台では金環日食を観測しようという100人を超える天文ファンなどが集まりました。
都内は曇りとなりましたが厚い雲の切れ間から指輪のようになった太陽が観測され拍手と歓声が上がっていました。
観測会が開かれているのは270メートルの高さにある六本木ヒルズの屋上の展望デッキで、屋根がない展望台としては日本で最も高いところにあります。
展望台には親子連れや天文ファンなど100人を超える人が集まり、カメラを向けたり日食グラスをのぞいたりしてじっと太陽を観測しました。
都内は曇りの天気となりましたが、午前6時20分ごろからは時々雲の間から欠けた太陽が姿を現しました。
そして金環日食が始まる午前7時32分が近づくとカウントダウンが始まり、厚い雲の隙間から指輪のような形になった太陽が観測されると拍手と歓声が上がっていました。
東京の都心で金環日食が観測できたのは173年ぶりです。
会場を訪れた親子連れは「本当にきれいで何とも言えないほど感動しました」と話していました。

 

 

 

ユーチューブを調べてみると、

月が真ん中にあるのは、やはり、中心線に近い東京のようでした。

【金環日食】東京・六本木でもリングを観測(12/05/21) 

http://www.youtube.com/watch?v=6rUrPP7fFVg&feature=relmfu

 


「フェイスブック」CEOが結婚。 [思想]

フェイスブック」CEOが結婚。

2012年5月21日(月)

NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120520/t10015253341000.html

世界最大の交流サイト「フェイスブック」のマーク・ザッカーバーグCEO=最高経営責任者が世界の注目を集めた株式上場の翌日の19日、大学時代の同窓生と結婚したことを明らかにし、サイト上で大きな反響を呼んでいます

とありました。

 

おめでとうございます。

 

これだけでいいですかね。

神は彼に全てを与えているのですから・・・。

 

天才。

財産。

そして、妻。

それは、あたたかい家庭を意味してもいると思う。

 

彼の作ったフェイスブックは愛に満ちている。

全人類をも、幸せに導いてくれる最も優れた、道かもしれない・・・。

 

そんな彼だから、

間違いなく、世界で、最も幸せな家庭を築くと思う。

 

Congratulations!

 

 

では。

 

p.s.

そういえば、昔の天才は、金持ちにも、幸せにも程遠かった・・・。

多くの天才は、かもしれない・・・。

その時は、スポーツの天才も、今ほど、稼げなかった。

IT産業等はもちろんなかった・・・。

 

天才で、稼げる職業は、多くないのかもしれない・・・。

しかし、天才たちが、世界を幸福にしていることには間違いない。

、と思います。

ありがとうございます、天才達!

 

 

 

 

 

世界最大の交流サイト「フェイスブック」のマーク・ザッカーバーグCEO=最高経営責任者が世界の注目を集めた株式上場の翌日の19日、大学時代の同窓生と結婚したことを明らかにし、サイト上で大きな反響を呼んでいます。

これは、「フェイスブック」のザッカーバーグCEO(28)がフェイスブックの自身のページで19日、明らかにしたもので、サイト上にはザッカーバーグ氏がウエディングドレスを着た女性と並んでいる写真が公開されました。
結婚した女性は、ザッカーバーグ氏がフェイスブックを立ち上げたハーバード大学時代の1つ年下の同窓生で、アメリカメディアは10年近く交際を続けてきたと伝えています。
フェイスブックは、18日にアメリカのナスダック市場に株式を上場したばかりで、この日の終値で計算した時価総額は8兆3000億円に上り、世界中の注目を集めました。
フェイスブックのサイト上では、結婚の公表から10時間足らずで60万人以上のユーザーが気に入った情報を評価する「いいね!」の機能をクリックするなど大きな反響を呼んでいて、関心の高さをうかがわせています。

 

 

 

 

 

 

 

 


金環日食 登校早める学校も。 [思想]

金環日食 登校早める学校も。

2012年5月20日(日)

NHKニュースに

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120520/t10015245581000.html

日本では25年ぶりとなる「金環日食」が、21日の朝、天候さえよければ、本州や九州四国の広い範囲で見られます。
これらの地域の小中学校では、登校時間を早めて観測会を催したり、登校中の子どもたちによそ見をして歩かないよう呼びかけるなどの対応を予定しています。

とありました。

 

むかし、部分日食を見たことがある。

周りが、少し暗くなった記憶がある。

 

日食を意識したのは、悲しいかなその一回きりしかない。

それは、大人になってからで、子供の時の記憶はない。

 

その時は、観測グラスもなく、

たまたま、近くにあった溶接をする時の顔を覆うマスクのようなもので見た。

 

感覚的には、太陽は大きなものというイメージがあるが、

メガネを通してみる太陽は小さいのに驚いた。

 

部分日食でも、かなり、3/4位はかけてたと思う。

それでも、かなり、急に大きな雨雲が襲ってきたというような、

晴天の眩しさから、薄暗さに変わった記憶がある。

 

明日の天気予報は、どうも、晴天とはいかないらしい。

晴天からの、日食への明るさの変化は大きい。

 

子供たちにとってかけがえのない経験になると思う。

明日が、どうぞ、晴天になりますように。

 

 

では。 

 

 

 

 

日本では25年ぶりとなる「金環日食」が、21日の朝、天候さえよければ、本州や九州、四国の広い範囲で見られます。
これらの地域の小中学校では、登校時間を早めて観測会を催したり、登校中の子どもたちによそ見をして歩かないよう呼びかけるなどの対応を予定しています。

21日の日食は、天候さえよければ、国内では午前6時ごろから9時すぎにかけて観測され、このうち、太陽が指輪のように見える「金環日食」は、午前7時半前後に本州と九州、四国の広い範囲で、長い所では5分程度にわたって見られます。
これらの地域では、登校時間を早めて観測会を開く学校が相次いでいて、東京23区では、少なくとも合わせて80の小中学校でふだんより早く全校児童・生徒が登校する予定です。
このうち、荒川区の尾久小学校では、およそ370人の全校児童がふだんより1時間早い午前7時10分すぎに登校し、校舎の屋上で観測会を開くことにしています。21日の観測会を前に、学校では、子どもたちが専用のメガネを使って日食を観察する練習も行いました。
尾久小学校の新井裕校長は「金環日食はめったに見ることができないので、子どもたちにその瞬間に立ち会わせたいと思い、登校時間を早めました。自然のすばらしさを知り、理科好きな子どもになってもらいたいと思います」と話していました。
また、今回の日食は学校の登校時間と重なるため、東京都の教育委員会などは、安全のため、子どもたちによそ見をして歩かないよう呼びかけていて、学校によっては、通学路に保護者や教師が立って児童・生徒に注意を促すことにしています。

 

 

東京新聞に

金環日食 県内173年ぶり いよいよ21日早朝に

http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20120519/CK2012051902000117.html 

 21日の早朝に見られる金環日食が、いよいよ目前に迫ってきた。本県は地理的条件に恵まれ、太陽がリング状に輝く金環状態を県内全域で観察できる。県内で見られるのは173年ぶり。次に県内で見られるのは300年後の2312年というまたとない天体ショーに多くの小中学校が登校時間を変更する。家電量販店では遮光グラスが大量に売れるなど、当日に向けて盛り上がりを見せている。 (永山陽平)

 国立天文台によると、本県では二十一日午前六時二十分ごろから太陽が欠け始める。太陽が月と重なってリング状になるのは同七時三十三分ごろ。金環状態は四分ほど続く。

 本県は金環日食となる幅二百八十キロの「中心食帯」にすっぽり入るため、県内どこでも観察できる。より真円に近い金環が見られるのは「中心食線」が通る行方市や稲敷市、利根町など。太陽と月が完全に離れるのは同九時五分ごろになる。

 日食は子どもたちの登校時間帯と重なる。多くの自治体では通学に危険を伴うとみて、登校を早めるか遅らせるかの対応を取る。桜川市や潮来市などは全小中学校で一時間ほど登校を早め、中には全員で観察会を開くところもある。逆に取手市や行方市などは登校を遅らせて、自宅で観察してもらう。水戸市など各校に判断を委ねた自治体もある。

 観察者向けの催しなども多く企画されている。水運会社「ラクスマリーナ」(土浦市)では霞ケ浦をクルーズする遊覧船を同六時五十分に特別運航し、乗船者に湖上から観察してもらう。筑波山頂上へロープウエーを運行する筑波観光鉄道(つくば市)では、同五時半から十~二十分ごとに臨時便を出す。日川浜オートキャンプ場(神栖市)では二十日午後六時から前夜祭、二十一日午前六時から観賞会を開く。

 観察用の遮光グラスは駆け込み需要で売り上げが伸びている。水戸市の「ビックカメラ水戸駅店」では、千円前後のグラスが一日に四百枚近く売れる日があるという。担当者は「家族のために一人で五枚買って行かれる人もいます」と話す。

 水戸地方気象台によると、二十一日早朝の天気は県内全域で曇り時々晴れ。「曇っている可能性が高いが、見られないとも言い切れない」という。

 

 

 

 

 

 

 


フェイスブック 時価総額9兆円超。 [思想]

フェイスブック 時価総額9兆円超。

2012年5月19日(土)

NHKニュースに

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120519/t10015234471000.html

世界最大の交流サイト「フェイスブック」の株式が、アメリカのナスダック市場に上場され、注目の初値は公募価格を10%上回り、これを基に計算した時価総額は、日本円で9兆1000億円となりました。

とありました。

 

歴史的な日が来ましたね。

すごいのは、物がなくて、情報だけでビジネスをやることだと思う。

日本で考えると、トヨタに次ぐ金額だと書いてある。

 

想像すると、 

仕入れ金額ゼロ。

出て行くお金は、経費のみ。

つまり、粗利100%ということになるのだろうか。

 

普通、ビジネスは、もの、つまり商品に頼る。

自分の力よりも、商品に頼ることは普通だと思う。

良い商品を仕入れて、販売すれば、楽に売上は上がると考える。

 

技術の世界でも、仕入れは、ゼロではない。

粗利益率は高くてもゼロでもない。

 

売上をあげようとすると、

薄利多売の傾向が普通だと思う。

 

しかし、ソフトウエア関連のビジネスは、事情が異なる。

言葉でいえば、高利多売ができる業種ということになると思う。

 

売上が上がって、粗利益率100%という、夢のビジネスだと思う。

 

話は変わって、普通、薄利多売のお客は、お得意様ではない場合が多い。

よそに、安い店ができると、簡単に鞍替えが起きる。

即、売上は半減する。

 

しかし、フェイスブックは異なる。

すべてが、お得意様に近い。

簡単に鞍替えは起きそうにない。

 

これは、超安定、超優良企業を意味とすると思う。

さらに、イソップ物語で言う、太陽と風の話の、

まるで、太陽そのものだと思う。

勝手に、人が寄ってくる。

つまり、宣伝費はゼロでいいことになる。

 

ザッカーバーグ氏の言葉には、

コミュニケーションの通路に、

と、いうイメージが強い。

 

今まで、人々が、望んでいた高速道路のように、

フェイスブックは、言葉の高速道路になってきたとように思う。

アメリカの高速道路と同じく、フリーウエイ、つまり、使用料はただ。

 

この超便利な、言葉の高速道路は、

ますます、世界の、地球の隅々まで伸びていくと思う。

そして、世界平和を実現してくれる、道にもなるかもしれない。

そんな期待まで湧いてきた・・・。

 

 

では。

 

 

  

 

世界最大の交流サイト「フェイスブック」の株式が、アメリカのナスダック市場に上場され、注目の初値は公募価格を10%上回り、これを基に計算した時価総額は、日本円で9兆1000億円となりました。

ナスダック市場は18日、市場が注目する大型上場ということもあって、フェイスブックの株式の取り引きを通常の株式より2時間ほど遅らせる、異例の対応を取りました。
注目の初値は、公募価格を10%上回る42ドル5セントをつけ、順調なスタートとなりました。
この初値を基に、企業価値を表す時価総額を計算すると、1150億ドル(日本円で9兆1000億円)となります。
これは、アメリカ企業では、インターネット販売大手のアマゾン・ドット・コムや、外食大手のマクドナルドを上回る規模です。
カリフォルニア州メンローパークにあるフェイスブックの本社では、上場を祝う式典が行われ、マーク・ザッカーバーグCEO=最高経営責任者が、上場の合図のベルを鳴らすと、集まった大勢の社員たちから歓声が上がっていました。
ザッカーバーグCEOは、社員を前に「今回の上場は、フェイスブックの歴史の中で重要な節目となるものだ。ただ、私たちの目標は、上場企業になることではなく、世界をよりオープンに、よりつながりのあるものにすることだ」とあいさつし、上場は通過点に過ぎないことを強調しました。

時価総額他企業と比較すると

時価総額は、企業の発行済み株式の数と株価を掛け合わせたもので、企業の市場価値を評価する指標として使われています。
アメリカ企業の時価総額は、トップのアップルが5000億ドルに上るほか、IT企業ではマイクロソフトが2470億ドル、グーグルが2010億ドルと、いずれもフェイスブックの時価総額を大きく上回っています。
一方、インターネット販売大手のアマゾン・ドット・コムは970億ドル、外食大手のマクドナルドは920億ドルとなっており、フェイスブックの時価総額はこれを上回る水準です。
日本企業と比べると、トップのトヨタ自動車の10兆4400億円には届きませんが、第2位のNTTドコモの5兆5600億円を大きく上回っています。

事業拡大へ巨額投資相次ぐ

フェイスブックが誕生したきっかけは、マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者が学生時代に思いついた、いたずらでした。
2003年の10月、名門、ハーバード大学でコンピューター科学を専攻していた、当時19才のザッカーバーグ氏は、学生寮の写真データをインターネット経由で不正に入手し、女子学生の人気投票サイトを開設しました。
ザッカーバーグ氏は大学に処分を受けましたが、このサイトが学内にあっという間に広がった反応を見て、人々が身近な人の情報に強い関心を示すことに気付きました。
そして2004年2月、寮のルームメイトと共に、学生同士の交流を目的としたサイトを立ち上げました。
誰がどの授業を取っているか、一目で分かる便利なサイトとして、学内で話題になり、全米の大学にも広がりました。
その後、2006年には一般向けにも開放されて、爆発的に利用者が拡大。
2007年にはマイクロソフトから出資を受け入れ、株式の1.6%と引き換えに2億4000万ドルを調達。
インターネット広告事業での協力関係を強めます。
このとき、マイクロソフトはフェイスブックの時価総額を150億ドルと見積もりました。
フェイスブックは世界中に利用者を広げ、日本語版は2008年に公開されています。
2009年には、気に入った文章や写真を評価する「いいね!」ボタンを導入。
翌2010年にはスマートフォン向けにもサービスを始め、この年の7月には利用者は5億人を突破しました。
去年1月には、アメリカの大手金融機関ゴールドマン・サックスやロシアのIT企業から、合わせて15億ドルの資金を調達。
このときの企業価値は500億ドルと見込まれていました。
フェイスブックはことし2月にアメリカの証券取引委員会に上場を申請し、株式公開に向けた準備を進めてきましたが、事業拡大のための資金調達がねらいとみられています。
4月にはスマートフォン向けの画像共有ソフトを手がける「インスタグラム」を10億ドルで買収。
さらに、マイクロソフトが別のIT企業から取得することで合意していた650件の特許を5億5000万ドルで取得するなど、最近、事業拡大に向けた巨額の投資が相次いでいました。
フェイスブックの利用者数は、ことし3月時点で世界全体で9億100万人に上り、この1年間で33%増加しています。

携帯端末へのシフトなど課題も

フェイスブックは、去年1年間の売上高の85%を広告収入が占めました。
今後、課題となるのは、スマートフォンやタブレットなど携帯端末向けの事業です。
フェイスブックの利用者は急速にパソコンから携帯端末にシフトしており、今や全体の半分以上に当たる5億人が携帯端末を使ってアクセスしています。
しかし、小さな画面に多くの広告を表示するのは難しいため、携帯端末を通じた広告収入はごく僅かにとどまっています。
それでもフェイスブックの幹部は、携帯端末向けの事業を強化する方針を示しており、携帯端末の画面でいかに効率的に広告を表示し、収益を上げられるかどうかが課題になります。
さらに、フェイスブックの広告事業を巡っては、今週になって、アメリカの大手自動車メーカー、GM=ゼネラル・モーターズが、フェイスブック向けの有料広告を打ち切る意向を示し、話題になりました。
GMは去年、フェイスブックの広告に1000万ドル(日本円で8億円)を使いましたが、その広告効果が十分でないと判断したものとみられます。
フェイスブックにとっては、交流サイト上の広告表示に効果を持たせ、企業をつなぎ止められるかも、成長を維持するうえでの鍵となります。
また、実名での利用が原則で、膨大な個人情報が集まるフェイスブックにとって、個人情報の管理を徹底することも大きな課題です。
こうした課題を克服し、これまでのような成長を続けられるかどうか注目されます。

“少し期待外れ”の声も

ニューヨークに拠点を置く、投資ファンドのトレーダー、ジョセフ・ブルーノさんは、「きょうの取り引きではもっと上昇すると考えていたので、少し期待外れだ。知名度がある企業で、長い間、上昇を心待ちにしていた投資家が多かっただけに、大幅な株価の上昇が見込めるという期待が高すぎたのかもしれない」と話しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


“規制当局に「安全文化」が欠如”。 [思想]

“規制当局に「安全文化」が欠如”。

2012年5月18日(金)

NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120518/k10015201581000.html

国会の原発事故調査委員会は、東京電力福島第一原子力発電所の事故について、これまでに明らかになった論点を整理し、この中では、「政府の原子力規制当局には安全に関する最高の知見を求め、規制に反映していくという『安全文化』が欠如していた」などと指摘しています。

とありました。

 

つじつま合わせの、言葉、説明・・・。

その行き先は、利益。

 

日本が、完全に変わった。

職人の心意気も、何かも、

利益の前にひれ伏しているようだ。

 

利益最優先。

そのつもりはなくても、日本の国はそうなった・・・。

 

武士は食わねど高楊枝・・・。

ありえない時代になった。

 

安全神話?

どうせ、利益優先の中での話になっている?

 

安全だけは、

利益優先を超えて、

安全優先で、

やっていただきたい。

 

 

では。

 

 

 

 

 

国会の原発事故調査委員会は、東京電力福島第一原子力発電所の事故について、これまでに明らかになった論点を整理し、この中では、「政府の原子力規制当局には安全に関する最高の知見を求め、規制に反映していくという『安全文化』が欠如していた」などと指摘しています。

国会の原発事故調査委員会は、去年12月から、事故原因の究明や、政府の対応の検証などを進めてきており、17日、海江田元経済産業大臣を参考人として招致して質疑を行いました。
そして、来月にも提出する報告書の取りまとめに向けて、これまでの調査で明らかになった論点を整理しました。
それによりますと、政府の原子力規制当局について、「常により高いレベルの安全性の実現に向けて安全に関する最高の知見を求め、規制に反映していくという『安全文化』が欠如していた」と指摘しています。
そのうえで、規制当局は、緊急時の事故対応を専門性を生かして、みずからの責任のもとに事業者や政治から独立して判断していく仕組みが欠けていたとしています。
一方、東京電力などの事業者に対しては、原子力発電所の危機管理について、「安全確保を最優先にしたものではなく、稼働率の向上や厳しい規制の導入によるコストの上昇の回避を目的としていた可能性がある」と指摘しています。
そのうえで、論点整理では、多くの安全施策が事業者の自主的な対応に委ねられ、実行されなかったことが今回の事故に直結したとして、「事業者がみずから進んで最高の安全を求めていくための制度的な枠組みが必要だ」としています。
17日の委員会のあと、記者会見した黒川委員長は「論点整理として、現時点の委員会の問題意識を示した。今後、報告書の作成に向けて、さらに議論して、ほかの論点についても近く示したい」と述べました。
事故調査委員会では、今月27日に、当時、官房長官を務めていた枝野経済産業大臣を、翌28日にも、菅前総理大臣をそれぞれ招致することにしており、政府首脳らの対応に問題がなかったか、明らかにしたいとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ペットを襲うワニの腹から大量のごみ、豪州。 [思想]

ペットを襲うワニの腹から大量のごみ、豪州。

2012年5月17日(木)

国際ニュース : AFPBB News に

  • 2012年05月16日 15:25 発信地:シドニー/オーストラリア
  • 【5月16日 AFP】オーストラリア北部で射殺されたイリエワニの腹の中から、犬の死骸、短パンサッカーボール、そしておむつが発見されたと、地元紙ノーザンテリトリー・ニュース(Northern Territory News)が16日に報じた。

     地元警察は最近、ガリウィンク(Galiwinku)地区近くのビーチで少なくとも犬1匹を食べ、ほかのペットにも襲い掛かっているワニがいるとの通達を各機関に出していた。

     同紙によれば、15日に同地域に向かった警備隊は体長3.5メートルのワニが犬の足に噛み付いているところを発見し、射殺した。

     ワニの腹の中からは別の犬の死骸のほか、さまざまな物が発見された。

     ワニ関連の記事を度々1面で扱う同紙は、「笑いを誘うようなニュースではあるが、野生動物の体の中から大量のごみが発見されたことは憂慮すべき」だと指摘している。

     最大で体長7メートル、体重1トン以上まで成長するイリエワニは、オーストラリア北部の熱帯地域でよく見られる。毎年平均2人がイリエワニに襲われて命を落としている。(c)AFP

    とありました。

     

    映画でなくて、現実にある話とは・・・。

    ゴミを食べても、腹もこわさずとは・・・。

     

    ワニに勝てる地上の動物は、

    サイ、カバ、そして、ゾウ・・・、くらいなのでしょうか・・・。

     

    体長7メートルにもなれば、サイもカバもどうだろうか・・・。

     

    それにしても、

    食べ物と、そうでない物との区別がつかないのだろうか。

     

    人間も、年に二人平均犠牲になっているとは・・・。

    本当に、恐るべし動物だと思う。

    感情なし、すべてが食物に見え、

    戦闘能力、比類無き強さ。

     

    人間も、罠か、拳銃か、

    さもなくば、太刀打ちは出来そうもない。

     

    日本に生息していなくてよかった。

     

    本当に、不気味な不思議な生き物だと思う・・・。

     

     

    では。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


     


    フェイスブック時価総額8.3兆円。 [思想]

    フェイスブック時価総額8.3兆円。

    2012年5月16日(水)

    NHKニュースに

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120516/k10015147351000.html

    世界最大の交流サイト「フェイスブック」は、アメリカのナスダック市場に上場する株式の公募価格の目安を引き上げると発表し、時価総額は最大で1042億ドル、日本円で8兆3000億円と、IT企業としては過去最大規模の上場となる見通しです。

    とありました。

     

    コンピュータのハードがここまで進歩し、

    iPhone4s が登場し、

    FaceBook が、水を得た魚のように登場してきた。

     

    もし、フェイスブックが10年前に登場していたら、

    どうなっていただろう。

     

    不便が、積み重なって、ユーザは続かなかったかもしれない。

    そのハードの恩恵は、スピードと容量。

     

    昔のパソコンは、台車車のごとく、

    少しの、だけの荷物を、遅い、超遅いスピードで運ぶ。

    その時代から、

    トラックになり、普通トラックになり、

    大型トラックになり、

    今では、まるで、宇宙船のごとくだ。

     

    大量のデータを一瞬のうちに運んでしまう。

    動画も、なめらか、

    写真も、超高解像度。

    音声を取り込み、文字にしたり、

    返事までしてくれる。

     

    こんな、高度になったハードに、

    最適の環境で、

    フェイスブックは登場してきた。

     

    昔のパソコンは、データベース

    フェイスブックは、コミュニケーションの高速道路。

     

    さらに、フェイスブックは、

    素晴らしいところがある。

    それは、人間のためにある!

    これが最大の、素晴らしいところだ。

     

    機械に、コンピュータに、使われ、

    はじき出されていく人間。

     

    フェイスブックは、人間を愛し、

    人間の尊厳を知っている。

     

    フェイスブックは、コミュニケーションの通路・・・、

    本当だ、

    ザッカーバーグは、本当のコンピュータの使い方を、

    示してくれた。

     

    ありがとうございます。

     

     

    では。

     

     

     

     

    世界最大の交流サイト「フェイスブック」は、アメリカのナスダック市場に上場する株式の公募価格の目安を引き上げると発表し、時価総額は最大で1042億ドル、日本円で8兆3000億円と、IT企業としては過去最大規模の上場となる見通しです。

    今週18日にアメリカのナスダック市場に株式を上場する予定のフェイスブックは、公募価格の目安について、これまで28ドルから35ドルと公表していましたが、15日、34ドルから38ドルに引き上げたことを明らかにしました。
    フェイスブックは、公募価格の目安を引き上げた理由を明らかにしていませんが、先週から行っている投資家との話し合いなどから株式の需要が予想より多いと判断したものとみられます。
    今回の目安を基に計算すると、フェイスブックは上場によって最大で147億ドル、日本円で1兆1700億円の資金調達が見込まれることになります。
    さらに、企業価値を示す時価総額は最大で1042億ドル、日本円で8兆3000億円となり、アメリカのIT企業としては過去最大の上場となる見通しです。
    この時価総額は、アメリカのインターネット販売大手アマゾン・ドット・コムとほぼ同じ規模で、目前に迫った大型上場の行方に市場の注目が集まっています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    爪を彩るネイルアート展示会。 [思想]

    爪を彩るネイルアート展示会。

    2012年5月14日(月)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120514/k10015107991000.html

    爪に色を塗ったり、飾りを付けたりしておしゃれを楽しむ「ネイルアート」の最新の技術や流行を紹介する展示会が東京都内で始まりました。

    この催しはネイルアートの最新事情を知ってもらおうと毎年開かれているもので、東京・江東区の会場には、これまでで最も多い120社余りが参加し、コーナーを設けています。
    この中で、ことし注目されているのは最新のLEDライトを使った忙しい人向けの「時短」ネイルです。
    爪の上にのせた樹脂のジェルを固めるのに、これまで2分ほどかかっていましたが、LEDライトを使うと20秒ほどで固まるということです。
    また、50代以上の年齢層にも楽しんでもらおうと、指先の乾燥を防ぐネイルケアの商品も増えていて、塗るのが簡単で、携帯に便利なペン型のオイルが関心を集めていました。
    ことしは力強い女性のイメージを表現した赤やゴールドを使ったデザインや、対照的にグリーンなどの自然を意識した落ち着いた色合いが流行しているということです。
    主催した日本ネイリスト協会の滝川晃一理事長は「技術面でも衛生面でも高い水準を目指しています。夏に向けて、手足合わせて10本の爪を飾って多くの人たちに楽しんでもらいたい」と話しています。

    とありました。

     

    はじめてアメリカで見たとき、

    やはり、日本では・・・、と思っていた方が強かったが。

     

    あっという間に、女性の爪を綺麗に飾るようになった。

    日本のネイルは、綺麗だと思う。

    長さも、形も、色合いも、綺麗、可愛いを表現していると感じる。

     

    ネイルのイメージは、格段によくなってきたと思う。

     

    昔のネイルは、一部の人のものだったような思いがする。

    お金持ち、芸能人、そんなイメージが湧いてくるが、

    今は、本当にポピュラーに成ってきたと思う。

     

    デザインも、無限になってきた。

    より立体的にも成ってきたと思う。

    デザイナー技術者の腕とマインドの発揮次第、

    で、お客の喜びは倍増する。

     

    女性は、それでいいと思う。

    ある意味、

    女性は消費をする側の人間だと思う。

    男は生産をする側の人間だと思う。

     

    両方が、上手く釣り合って、

    回っていれば、

    不景気なぞ、

    あるはずは無いと思うのだが・・・。

     

    では。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    ちゅう房付近が激しく燃える。 [思想]

    ちゅう房付近が激しく燃える。

    2012年5月14日(月)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120514/k10015092591000.html

    13日、広島福山市でホテルが全焼し宿泊客7人が死亡した火事で、ホテルの1階受け付けの奧にある、ちゅう房付近の燃え方が激しいことが分かりました。
    警察と消防は、14日朝から、ちゅう房付近を中心に現場検証を行い、火事の詳しい原因を調べることにしています。

    とありました。

     

    痛ましい事故で、犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。

     

    原因を調査中ということで、近々発表されるのだと思いますが・・・。

    漏れ伝えられている事は・・・、

    やはり、当局からの注意を聞いて、改善されていればと・・・、

    非常に残念に思います。

     

    この事故は、何か氷山の一角のような気もしてならない。

    安全に関することは、何があっても手を抜いてはいけない。

    とは、誰もが承知していることだと思いますが。

     

    では、なぜ、安全がおろそかになるのか・・・。

     

    一番の原因はなにか。

    安全を犠牲にするものは何なのか。

    もし、その原因が、利益追求という意識だけだったら、

    犯罪になると思う。

     

    きっと、こんな事も起きていると思う。

     

    価格競争による、利益の圧縮

    利益の圧縮による、従業員不足。

    従業員不足による、過労働。

    過労働による、注意散漫・・・。

     

    老朽化による、設備改善の必要。

    利益圧縮による、資金繰り難。

    資金繰り難による、必要改善設備の不履行。 

     

    不景気により、価格競争。

    価格競争により、利益圧縮。

     

    ならば、儲からないのならば、

    廃業すればいいだろう、とは簡単には云える。

    しかし、廃業は、決して、出来ない。

    それは、そこにも、だれにも生活があるから・・・。

     

    そして、これらが、悪循環を起こして・・・。

     

    こんな、事が、巡り巡り、

    さらに、より競争社会により駆り立てられて・・・、

    さらに、悪化する・・・。

     

    こんな、現象が、日本のあちこちで、

    あらゆる企業で、弱者の間で、

    起きているのでは・・・、

    ないかと、

    心配するのは、

    取り越し苦労だろうか・・・。

     

    ・・・・、そうあって欲しいと願うが。

     

    かつては、昔は無かった。

    そんな、事件、事故が起きている様な気がする・・・。

    先日のバス事故も、・・・

    根っこには、同じ問題があるように感じてしまう・・・。

     

    こんな、社会になってきていると・・・、

    豊かな社会の実現とは・・・、

    いったい、なんだろう・・・。

    どうすれば・・・、

    と思いだけは、巡る。

     

    政府は、指導の徹底、

    法律の強化をやると思う。

    しかし、それは、イソップ物語の風の仕事。

     

    がんじがらめで、住みにくい世になっていく・・・。

    それは、さらに、ストレス社会の増幅になるかもしれない・・・。

    やさしい世とは、次第に遠ざかって、

    こころが、冷えて、また、新たに、何かが起こるかもしれない。・・・。

    難しい世の中になってきたと思う・・・。

     

    かつて、マザーテレサが、来日された時に、

    豊かな国に、こころの貧困が見える・・・。

    という様な、言葉で、心配されたことがあったと思いますが・・・、

    いまは、豊かな国という言葉さえも、おぼつかなくなってきた・・・。

    のかもしれない・・・。

     

    重ねて、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。

     

     

    では。 

     

     

     

    13日、広島県福山市でホテルが全焼し宿泊客7人が死亡した火事で、ホテルの1階受け付けの奧にある、ちゅう房付近の燃え方が激しいことが分かりました。
    警察と消防は、14日朝から、ちゅう房付近を中心に現場検証を行い、火事の詳しい原因を調べることにしています。

    13日午前7時ごろ、広島県福山市中心部の住宅街にある「ホテルプリンス」から火が出て、一部4階建ての鉄筋の建物と木造2階建ての建物をつなぎ合わせた構造のホテルが全焼したほか、隣接する住宅の一部も焼けました。
    ホテルに宿泊していた男性3人と女性4の合わせて7人が死亡し、従業員1人を含む女性3人が重傷を負いました。
    警察によりますと、亡くなった7人はいずれも2階と3階の客室の中で倒れているのが見つかり、ほとんどが一酸化炭素中毒が原因で死亡したとみられるということです。
    警察や消防のこれまでの調べによりますと、ホテルの1階受付の奧にある、ちゅう房付近の燃え方が激しく、ちゅう房の上部にある2階の客室も激しく燃えているということです。
    警察と消防は、14日朝からちゅう房付近を中心に現場検証を行い、火事の詳しい原因を調べることにしています。

     

     

     

     

     

     

     

     


    メキシコで49人の切断遺体。 [思想]

    メキシコで49人の切断遺体。

    2012年5月14日(月)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120514/k10015093981000.html

    麻薬組織による犯罪や抗争事件が後を絶たないメキシコで、切断された49人の遺体が路上で見つかり、警察は麻薬組織の犯行とみて捜査しています。

    とありました。

     

    メキシコ麻薬戦争というウイキペディアがあり、

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B3%E9%BA%BB%E8%96%AC%E6%88%A6%E4%BA%89

    読んでみようとすると、ものすごく長い。

    これほど長い説明は見た事が無いほど、詳しくつづられている。

    5年間で4万7000人もの犠牲が出れば、殺人事件を超えて、戦争と云う表現も、理解できると思う。

    警察だけでなく、軍も投入しているとも書いてある。

     

    犠牲になられた方の中に、市長や知事の方もおられるという。

    抗争はエスカレートの方向にあるとも書いてある。

     

    これを、止めるには、

    一番は、利用者が一斉にやめれば、無くなることになる。

     

    タバコよりも強く、酒よりも強く、

    人間を虜にして止まない、麻薬・・・。

     

    抗争がエスカレートすると云う事は、

    消費がエスカレートしていると云う事に通じているのだろうか・・・。

     

    麻薬を必要とする理由・・・。

    大きなものに、ストレスがあると思う。

    有名芸能人、歌手にいたるまで、ストレスから逃れるために・・・、

    やめられない・・・、と、ニュースは話題になる。

     

    ストレスがなくなれば、利用は激減するかもしれない。

    しかし、現代病の最大の病気、は、ストレスだと思う。

    増える一方の現代。

     

    ストレスの別の結果に自殺があるともいえると思う。

    単純に数字を比べれば、日本の自殺は、メキシコの麻薬による殺人より多い。

    1年間3万人を超えれば、5年間で15万人を超える計算となる。

     

    ストレスを考えるだけで、現代が、世界が、幸福にむかっているかどうかがわかる・・・。

    そんな、むなしいニュースだと思う・・・。

     

     

    では。

     

     

     

    麻薬組織による犯罪や抗争事件が後を絶たないメキシコで、切断された49人の遺体が路上で見つかり、警察は麻薬組織の犯行とみて捜査しています。

    メキシコ北部にある第3の都市、モンテレイで、13日未明、路上に放置されていた黒い袋から切断された遺体の一部が見つかりました。
    地元の警察が現場を調べたところ、同じような袋が次々と見つかり、男性43人と女性6人の合わせて49人の遺体が確認されたということです。
    警察では、現場の壁に書かれていたメッセージや手口などから、麻薬組織の犯行とみて捜査しています。
    メキシコでは、今月、北東部にあるアメリカとの国境近くの街でも23人の遺体が見つかり、この事件も麻薬組織の犯行とみられています。
    メキシコのカルデロン大統領は、警察だけでなく軍の部隊も投入して麻薬組織の撲滅作戦を行っていますが、現地の検察当局によりますと、麻薬組織による犯罪や抗争に巻き込まれるなどして、去年9月までの5年間で4万7000人余りが殺害されたということで、依然として深刻な治安状況が続いています。

     

     

     

     

     

     

     


    アフガン 国際部隊の死者3000人に。 [思想]

    アフガン 国際部隊の死者3000人に。

    2012年5月13日(日)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120513/t10015080921000.html

    アフガニスタンではアメリカが2001年に軍事作戦を始めて以来、アメリカ軍など国際部隊の兵士の死者が3000人に上り、部隊を派遣している欧米各国では撤退を求める声が一段と高まりそうです。

    とありました。

     

    白と黒、裏と表、・・・、は決して交わらない。

    例えがどうかと思うが、思想の違いを、

    武力で、制することは到底出来そうに無い。

     

    犯罪組織と警察・・・。

    いくら、アメリカが国際的に警察の役目を果たそうとしても、

    アメリカから見て、悪と目される、国も組織もそうは思っていない。

    悪は、逆にアメリカだと思っていると思う。

     

    武力の衝突は、更に事態を悪化させる。

    国際関係で、警察の役目は、出来ない、

    というより、意味がないかもしれない。

    相手はそれを認めてはいない。

     

    逆に、恨みが大きくなり、

    事態は、更に、解決と反対の方向に進む。

     

    やはり、話し合いの部分を、もっと、研究すべきかも知れない。

     

    それにしても、犠牲者3000人は多い。

    戦争も、紛争も、無い世界に、

    なって欲しいと願うしかないのか。

     

    いや、それが、一番。

    ベストな方法かもしれない。

     

    その願望は甘い、といって、

    武力を使うと、事態は、更に、悪化する。

     

    対話の技を磨く、

    これが21世紀の、唯一の、幸せの道に違いない。

     

     

    では。

     

     

     

     

    アフガニスタンではアメリカが2001年に軍事作戦を始めて以来、アメリカ軍など国際部隊の兵士の死者が3000人に上り、部隊を派遣している欧米各国では撤退を求める声が一段と高まりそうです。

    国際部隊によりますと、アフガニスタンでは12日もアフガニスタン南部で2人の兵士が武装勢力の攻撃で死亡したほか、道路脇の爆弾で1人が死亡するなど、兵士の死者数が連日、増え続けています。
    こうしたなか、アメリカの民間調査機関がまとめたところによりますと、アメリカが2001年の同時多発テロ事件を受けて軍事作戦を始めて以来、アフガニスタンでの国際部隊の兵士の死者が3000人になりました。
    このうち、およそ65%がアメリカ兵で1968人、続いてイギリス兵が412人、カナダ兵が158人となっています。
    アフガニスタンでは、反政府武装勢力タリバンとの戦闘などで2009年から毎年国際部隊の兵士500人以上が命を落としています。
    さらにことしに入ってからは、対米感情の悪化などから、国際部隊の兵士が味方のはずのアフガニスタン政府の兵士や警察官に殺害されるケースも急増し、20人が犠牲になっています。
    アメリカやヨーロッパの各国では、アフガニスタンでの戦闘に対する国民の支持が急速に失われていて、今回、国際部隊の死者が3000人に上ったことで、早期撤退を求める世論が一段と高まることが予想されます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    マヤ文明最古の“天文カレンダー”。 [思想]

    マヤ文明最古の“天文カレンダー”。

    2012年5月12日(土)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120511/k10015043011000.html

    紀元前からアメリカ大陸で栄えた「マヤ文明」の遺跡から、およそ1200年前に作られた最古の「天文カレンダー」が発見されました。
    カレンダーは、「マヤ暦」の終わりとも言われていた2012年より先の暦も定めていることから、大きな注目を集めています。

    マヤ暦は、マヤ文明が天体観測を基に作った独自の暦で、紀元前3114年ごろを起点に、14万4000日を一つの単位として、合わせて13個の単位を用意していたという記録が残っています。
    このため、13個目の単位が終わる西暦2012年、すなわちことしが世界の終わりではないかと信じる人もいます。
    今回、アメリカのボストン大学などの研究チームが、中米のグアテマラにあるマヤ文明の遺跡の壁画を詳しく調べたところ、数を表す象形文字が多数記されているのが見つかりました。
    分析の結果、象形文字は月の満ち欠けにかかる日数や、火星や金星などの天体の動きを計算した「天文カレンダー」で、これまでで最も古いおよそ1200年前に作られたものであることが分かりました。
    研究チームによりますと、今回、見つかった天文カレンダーでは、「マヤ暦」の終わりとも言われる2012年より先の、来年=2013年以降の暦も定めているということで、「2012年はマヤ文明にとっても世界最後の年ではなく、通過点だった」と話しています。

    とありました。

     

    魅力一杯のマヤ文明ですね。

    もし、滅びていなかったら・・・。

    どんな、文明を現代に与えてくれていたのだろうか・・・。

     

    天才だらけの、マヤ文明と感じる。

     

    現代の、文明は、白人文明といえるとかもしれない。

    数学、物理、・・・、多く、いやすべての発見が彼らの手でされている。

     

    もし、マヤの人達が生きていたら・・・。

    最大のロマンを、空想してしまう・・・。

     

    では。

     

     

     

     

     

     

     

     


    ヴィダル・サスーン氏 死去。 [思想]

    ヴィダル・サスーン氏 死去。

    2012年5月12日(金)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120510/k10015013691000.html

    世界的なヘアスタイリストのヴィダル・サスーン氏が、アメリカ・ロサンゼルスの自宅で死去しました。
    84歳でした。

    ヴィダル・サスーン氏はイギリス生まれで、1954年にロンドンで美容室を開業して以来、ヘアスタイリストとして活躍しました。1960年代には、髪型を整えるのに手間のかからない新しいヘアスタイルを発表し、仕事を持つ女性たちから支持を集めました。
    その後、活動の拠点をアメリカに移し、みずからの名前を付けたブランドで、シャンプーコンディショナーなどを、日本をはじめ世界中で売り出しました。
    また、欧米で美容室を展開するとともに、ロサンゼルス郊外に美容学校を開設し、若手の育成にも当たりました。
    おととしには、サスーン氏の人生を描いたドキュメンタリー映画も製作されています。
    地元の警察は9日、サスーン氏の家族から連絡を受けて自宅で死亡を確認しました。
    84歳でした。
    死因は明らかになっていませんが、サスーン氏は3年前から白血病を患っていたということです。

     

    世界中の理美容師が、彼の弟子。

    と、云っていいほどの存在のヴィダル・サスーン。

    日本で、美容師43万人、理容師24万人。 

     

    お亡くなりになられた理美容師の数はわからない。

    それを世界で見ると、莫大な人数となる。

     

    ヘアースタイルは、もっとも重要なおしゃれアイテム。

    そのカットシステム、技術は、理美容の世界を激変させた。

     

    彼の業績は、計り知れないだろうと思う。

     

    例えば、コンピュータ業界での、ビル・ゲイツ。

    iPhone のスティーブ・ジョブズ。

    ・・・、その世界を激変させた。

    一つの業界を激変させる、それは、間違いなく、

    天才にしか出来ない、仕業に違いない。

     

    ご冥福をお祈りいたします。

    ありがとうございました。

     

    では。

     

     

     

     

     

     

     


    母の日に贈ろう 被災地の花。 [思想]

    母の日に贈ろう 被災地の花。

    2012年5月11日(金)

    NHKニュースに

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120510/k10015030441000.html

    今月13日の母の日の贈り物として、東日本大震災の被災地の花を使ったフラワーアレンジメント作りが始まり、出荷の準備が進められています。

    東北地方や関東地方の花の生産農家は、去年の東日本大震災で生産用のハウスが壊れたり、注文がキャンセルされたりするなどの大きな被害を受けました。
    こうした農家を支援しようと、岩手、宮城福島、茨城、千葉の5県の花を使ったフラワーアレンジメントを母の日に贈ろうというキャンペーンが企画され、都内の生花店で出荷の準備が進められています。
    店の人たちが定番の赤いカーネーションやピンクのゆり、そして「希望」の花言葉を持つガーベラなどを、専用の容器に丁寧に飾り付けていました。
    売り上げの一部は被災地への義援金として贈られるということです。
    キャンペーンを企画したグループの事務局を務める安保文子さんは「母親への感謝の中に被災地への思いも込めていただき、東北の花農家の支援につなげたい」と話しています。

    とありました。

     

    生花はいいですね。

    花は、とってもいい。

    キレイと云うことが、なによりも、心に響く。

    生きているエネルギーも伝わってくる。

     

    可憐さもあり、

    植物が持っている静か、控えめみたいな優しさもある。

    非攻撃的、受身と優しさにつながる。

     

    しかし、美しさの時間は短い。

    それと、それにかかる費用とを考えると、

    他の長持ちをするものを選びたい気持ちも湧いてくる。

     

    しかし、花のもつ、やさしさ、美しさは変え難い。

    最も伝えたい、感謝の心。

    最も伝えたい、優しい心。

    最も伝えたい、想う心。

     

    花に勝るものはない。

    花が一番だと想う。

     

    では。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    運行会社過去に違反 問われる国監査。 [思想]

    運行会社過去に違反 問われる国監査。

    2012年5月9日(水)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120509/t10014984171000.html

    群馬県の関越自動車道で大型バスが道路脇の壁に衝突し乗客7人が死亡した事故で、バス会社は、法律で定められた運転手の適性診断や健康診断、それに車両の点検整備なども行っていなかったことが分かりました。
    バス会社は、4年前の監査でも違反が確認されていて、繰り返されていた違反を見抜くことができなかった国の監査のあり方も問われています。

    とありました。

     

    いろんな歪が出てきた・・・。

    と思う。

    変な、今までになかった事件も多い。

     

    人間の心が、変になってきているように思う。

    その根底には何があるのだろうか・・・、と考えてみると・・・。

     

    「損得!」

    この言葉で、総てが説明出来る様な気がする。

    勿論、

    「自分の損得!」

     

    こころよりかね、金、金・・・・・・・。

    何処までも、金、損得、金の繰り返し・・・。

     

    やはり、規制緩和、そして、市場原理主義。

    これは、国を挙げての損得主義。

    物事は、人間性で、道徳で、心で考えなさいよ!ということを・・・、

    完全にでも否定している。

     

    物事は、欲を根底に、損得でやりなさいと、

    国からお墨付きを頂いているのと同じだ。

     

    お墨付きを出した国も、

    事件が起きると、

    事件を起こしたものに、責任の総てが追及される。

     

    親の責任については、全く感じない。

    ・・・、様に見える。

     

    お役人も、仕事としてしか、処理しない。

    こころが通っていない。

    心の通わない助言に効力はない。

     

    権力に物を言わせて物事を守らせる。

     

    これが、親子の関係だったら・・・、

    その家庭は、破壊している。

     

    支えているのは、国民の良識。

    しかし、それも、ほころびが、出てきているかもしれない。

     

    そんな事件に感じる・・・。

    かなしい、冷たい国にすすんでいるような気配も感じる。

     

    権力だけでなく、こころの通った政治を望みたい。

    こころ、

    道徳、

    人間性、

    やさしさ、

    ・・・、

    人間は、ロボットとは違う・・・、

     

    こころの無い、事務処理には・・・、 

    さもなければ、

    自分の損得で動く、事件、事故は防げないと思う。

     

     

     

     

    では。

     

     

     

    群馬県の関越自動車道で大型バスが道路脇の壁に衝突し乗客7人が死亡した事故で、バス会社は、法律で定められた運転手の適性診断や健康診断、それに車両の点検整備なども行っていなかったことが分かりました。
    バス会社は、4年前の監査でも違反が確認されていて、繰り返されていた違反を見抜くことができなかった国の監査のあり方も問われています。

    この事故で、国土交通省関東運輸局は、事故翌日と今月2日に、バスを運行していた千葉県印西市の「陸援隊」に特別監査に入りました。
    関東運輸局が書類を詳しく調べ、社長から事情を聞いた結果、「陸援隊」では、法律で定められた、運転手の適性診断や健康診断を受けさせていなかったうえ、点検整備をしていない車両も見つかり、中には車内に消火器がなかったり、シートベルトが使えなかったりするバスもあったことが分かりました。
    このほかにも、法律で禁止された「日雇い」の運転手を雇っていたことや、長時間運転をさせていたことも分かっています。
    「陸援隊」は、4年前に初めて受けた監査でも乗務前の点呼を行っていないなど9項目の違反が確認されています。
    関東運輸局は、このときは主な違反行為は改善されたことを確認したということですが、その後は監査に入ることはなく、繰り返され、より悪質になっていた違反を見抜くことができませんでした。
    貸し切りバスは、規制緩和で業者が増え、国のチェック機能が追いついていないのが現状で、国の監査のあり方も問われています。


    米韓 過去最大規模の空域訓練。 [思想]

    米韓 過去最大規模の空域訓練。

    2012年5月7日(月)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120507/t10014939311000.html

    北朝鮮の動向に警戒を続ける韓国軍は、7日からアメリカ軍と合同で過去最大規模となる60機余りの戦闘機などを投入して空域での訓練を始め、北朝鮮が挑発行為に出ないよう重ねてけん制するねらいがあるとみられます。

    とありました。

     

    結局、武力による均衡しか保てない・・・。

     

    20世紀も終わる頃、冷戦が終結し、

    ドイツも国境がなくなった。

    21世紀は、平和の世紀とおおきな期待が持たれた。

     

    しかし、戦争はなくならない。

    歴史上最大の911のテロもあった。

    イラク戦争も記憶にある。

     

    もう、うんざりと云うほど、戦争を経験してきたのではないかと思うが・・・。

    また、緊張の度合いが高まってきたのだろう。

    すごい規模の米韓の軍事演習らしい。

     

    いつまでたっても、警察官もいる。

    平和なユートピアは、人間には、不可能なのだろうか。

     

    男が、世界中の、歴史上の戦争をすべてやって来た。

    これからもそれが続くだろう。

    男の遺伝子には、戦いが色濃く刷り込まれているのかもしれない。

     

    話し合い、対話の達人、その天才は、出てこないものか。

     

    とにかく、これからの戦争は今までと違う。

    一瞬で、多くの人命を奪う。

    一瞬で、国土を焦土化する。

    そして、一瞬で、地球の一部を廃墟とする。

     

    やはり、それでも、人類は、滅びるまで、

    地球が、病気になるまで、やめないんだろうなと思う。

     

    戦争で、短い命を落とした人達・・・。

    何を思っているだろうか・・・。

     

    では。

     

     

      

     

     

    北朝鮮の動向に警戒を続ける韓国軍は、7日からアメリカ軍と合同で過去最大規模となる60機余りの戦闘機などを投入して空域での訓練を始め、北朝鮮が挑発行為に出ないよう重ねてけん制するねらいがあるとみられます。

    7日、韓国国防省の報道官が定例記者会見で発表したもので、韓国空軍と韓国に駐留するアメリカ第7空軍は、朝鮮半島西側の空域で7日から今月18日まで、「マックスサンダー」と名付けた合同の戦闘訓練を行います。
    訓練は、北朝鮮軍との空中戦や地上の軍事拠点への攻撃を想定して、年2回、実施していますが、今回の訓練について韓国国防省は、両軍の戦闘機や早期警戒管制機合わせて60機余りを投入するなど過去最大規模だとしています。
    韓国軍は、北朝鮮が、先月、人工衛星として事実上の長距離弾道ミサイルの発射を強行したことを受けて、北朝鮮全土を射程に収める巡航ミサイルの配備を公表するなど、北朝鮮への備えを強めています。
    今回、米韓空軍が過去最大の規模で戦闘訓練を行うのも、両国の結束を重ねて示し、北朝鮮が挑発行為に出ないよう重ねてけん制するねらいがあるとみられます。

     

     

     

     

     

     


    関東で竜巻 1人死亡55人けが。 [思想]

    関東で竜巻 1人死亡55人けが。

    2012年5月7日(月)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120506/t10014921881000.html

    6日午後、茨城県つくば市など関東の広い範囲で竜巻や落雷などによる被害が相次ぎ、竜巻で住宅が倒壊して中学生1人が死亡したほか、落雷で1人が重体となっているなど55人がけがをしました。
    この竜巻などで住宅の屋根が飛ばされるなど少なくとも490棟以上の住宅に被害が出ています。
     

    とありました。

     

    アメリカでは、ときどき、ニュースとなって、いたが・・・。

    日本では、初めて聞いたと思う。

     

    異常気象、温暖化と言葉は聞かれる様になって何年にもなると思う。

    しかし、変化はあっても、緩やかだったと思う。

     

    しかし、去年辺りから、少し、異常さに、拍車がかかってきたような感じも受ける。

    台風でもないのに、台風並みの風。

    雨も並みの雨ではなくなった。

    集中豪雨は、台風を超えるかもしれないほど、よく降る。

     

    竜巻といっても、学校の校庭で、発生し、テントが倒れたということはあった。

    しかし、今回のように、屋根が飛んでいく事は、聞いたことが無いと思う。

    しかも、初夏の前、春の終わりあたり。

    入道雲も本格的なものは出ていないと思う。

     

    家の中にいた、中学生が亡くなったと伝えられている。

    お気の毒な事だと思う。

    一番、安全な場所が、家屋の中だったはずだ。

    誰も、予想も、警戒もしていなかっただろう。

     

    多くの天気予報士の方でも、誰一人予想されてはいなかったのだろうと思う。

     

    雨が降り、雷が鳴れば、木の下は、最も危険な場所となる。

    ゴルフ場での落雷のニュースは、何度か聞いたことがある。

    濡れた木に落ちた落雷は、側にいる、人間の中を通る。

    人間は、木より電気を通しやすいという。

     

    聞いたことが無い、天災が起きた。

    これは、異常気象と言えると思う。

    原因は、何か?

     

    一般の方が撮られた映像がユーチューブにアップされていた。

    http://www.youtube.com/watch?v=nV87QZ66KP8

    http://www.youtube.com/watch?v=lEatd8alZA8&feature=related

    http://www.youtube.com/watch?v=RQ-uqq8DIdc&feature=related

     

    昨年の3.11から、異常な天災が続いているように感じる。

    一番の大元の原因は、やはり、温暖化なのだろうかと、素人は思ってしまうが・・・。

     

    地震、津波、集中豪雨、台風、に竜巻も加わった。

    人智、人力をはるかに超える天災は、やはり、こわい。

    天を怒らすことはやめなければならないと昔の人は思ったのだろう。

    如何に科学が進んでも、やはり、同じことの結論しかなさそうだ。

     

    天災は忘れたころにやってくる・・・。

    どころではない。

    最近では、天災は、ひっきりなしにやってくる・・・。

    に、なった。

     

    天の怒りに触れる事、それは、人類の、わがまま、し放題を総て含んでいるのかもしれない・・・。

     

     

    では。

     

     

     

    6日午後、茨城県つくば市など関東の広い範囲で竜巻や落雷などによる被害が相次ぎ、竜巻で住宅が倒壊して中学生1人が死亡したほか、落雷で1人が重体となっているなど55人がけがをしました。
    この竜巻などで住宅の屋根が飛ばされるなど少なくとも490棟以上の住宅に被害が出ています。

    6日午後1時前、茨城県つくば市で竜巻が発生し、北条地区を中心に市民からけが人や住宅の被害などの110番通報が相次ぎました。
    警察などが調べた結果、竜巻でつくば市内の広い範囲で住宅の屋根が飛ばされたり車がなぎ倒されたりしていて、少なくとも100棟以上の住宅に被害が出ています。
    また消防によりますと、中学生1人が死亡したほか37人がけがをしました。
    死亡したのは、つくば市北条の中学3年生、鈴木佳介(14)さんで、倒壊した一戸建ての自宅から見つかり、病院に搬送されていたということです。
    つくば市の北隣の筑西市の大関地区などでも竜巻の情報が入っていて、少なくとも24棟の住宅が被害を受けたということです。
    さらに常陸大宮市の野田地区でも午後1時ごろ突風が吹き、1人がけがをしたほか、住宅4棟に被害が出ているということです。
    このほか常総市で建物4棟が被害を受けたほか、ひたちなか市ではひょうが頭にあたり、73歳の男性が軽いけがをしました。
    一方、栃木県真岡市と益子町などでも突風が吹き、真岡市の消防によりますと、真岡市、益子町、茂木町の3つの市と町で9人がけがをしたほか、合わせて11人がけがをしました。
    また、合わせて360棟以上の住宅などに被害が出ているということです。
    さらに落雷の被害も出ていて、午後2時すぎ、埼玉県桶川市坂田にある犬を遊ばせるための民間の施設に落雷があり、宮代町の関根順子さん(40)と長女で小学6年生の彩加さん(11)の2人が雷に打たれました。
    2人は病院に運ばれて手当てを受けていますが、長女の彩加さんは意識がないということです。
    また、近くに8歳の次女と関根さんの妹もいて、2人とも足のしびれを訴えていますが、けがの程度は軽いということです。
    警察によりますと、関根さんたちは飼い犬を連れて施設に遊びに来ていたところ、雨が降ってきたため敷地内の木の下で雨宿りをしていたということです。

    このほか、群馬県富岡市でも物置のトタン屋根が強風で飛ばされ、70代の男性がけがをしました。

     

    他のTVニュースが、ユーチューブにアップされていました。

    http://www.youtube.com/watch?v=9WvfQhh-n4o&feature=related

     

     

     

     

     

     


    泊原発停止で国内の全原発停止。 [思想]

    泊原発停止で国内の全原発停止。

    2012年5月6日(日)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120506/k10014913071000.html

    国内で唯一、運転を続けていた北海道にある泊原子力発電所3号機について、北海道電力は、5日午後11時すぎに発電を止めて定期検査に入り、国内にある原発は50基すべてが停止しました。
    国内で原発がすべて止まるのは、れい明期で2基しかなかった昭和45年以来、42年ぶりです。

    北海道泊村にある北海道電力泊原発では、定期検査のため、5日午後5時から中央制御室で3号機の原子炉に制御棒を入れて出力を下げる作業が始まり、午後11時3分に発電を止めました。
    この結果、国内にある原発は50基すべてが停止しました。
    国内で原発がすべて止まるのは、原発のれい明期でまだ2基しかなかった昭和45年以来、42年ぶりとなります。
    泊原発3号機では、6日午前4時に予定より2時間遅れて制御棒が完全に原子炉に入り、原子炉が止まったということです。
    北海道電力は「トラブルは特に起きていない」と説明しています。7日午後に原子炉内の温度が100度以下に下がる「冷温停止」になるということです。
    一方、原発の運転再開を巡って電力各社は全国の19基について、再開の判断の前提となっている「ストレステスト」を国に提出していますが、政府が、地元福井県などに理解を求めている関西電力大飯原発の2基を含め、再開の見通しが立っている原発はありません。また、電力需給について、関西電力と九州電力、それに北海道電力は、おととし並みの猛暑になれば電力が不足するとしていますが、「供給力が少なく見積もられている」といった疑問の声もあり、国が第三者委員会で検証を続けています。

    泊原発3号機の停止を受けて北海道電力泊原子力事務所の秋山芳宏広報課長は「泊原発は、北海道の電力の安定供給にとって重要な基幹電源です。さらなる信頼性の向上に向けた中長期対策を実施し、安全確保を徹底するとともに、国の指示に基づくストレステストなどへ的確に対応し、皆様の理解をいただきながら一日も早い発電再開を目指して参ります」というコメントを読み上げました。

    とありました。

     

    原子力事故以来、安全な、自然エネルギーの開発議論が活発になったが、

    最近では、その声は全く聞こえてこない。

    マスコミも取り上げなくなった。

     

    マスコミは伝達、評論の役目しかしないようだ。

    論評しても、泡の如く消えていく。

    いいたい放題だけだ・・・。

    まったく、主張を感じられない。

     

    と、云うことは、エネルギーに関しては、昭和の時代に逆戻り、

    と云う事になる。

    この方法しか、電気エネルギーを確保する方法は、現実的には無いのだろうか。

     

    原子力エネルギーが無くとも、エネルギーは確保できると、

    代替エネルギーで、未来は大丈夫とと、

    マスコミは言ってきたと思う。

     

    しかし、火力発電には、大気汚染、化石燃料の枯渇という大きな問題がある。

     

    政府が、他のエネルギーの開発に大きな力を入れているようには見えない。

    それは、何を意味しているのか。

    何を意味しているのだろう・・・。

     

    ただ単なる、怠慢か。

    その内、また、原子力に戻るよと高を括っているのか。

    他のエネルギーの現実性を否定しているのか

     

    ・・・わからない。

    つまり、風評が戻れば、原子力に戻す。

    政府の動きは、そのようにしか見えない・・・。

     

    エネルギーは必要だ。

    しかし、危険なエネルギーは困る。

    安全な自然エネルギーの開発にもっと予算をつぎ込んだ方がいいと思う。

     

    もし、原子力発電が、本当に、クリーンで安全ならば、

    東京の、大阪のど真ん中にあってもいい。

    給水も十分ある。

    排水も安全ならば、飲料に添加できる。

    ここまで出来て、本当に安全だといえると思う。

     

    神は、原子力の域まで手を出すことを、許されていない。

    その能力を、人類に与えられているとは、まだ、思えない。

     

    ニュートン6月号に、

    まもなくやってくる、100億人時代。

    南海トラフト巨大地震、マグニチュード9.1、津波34メートル。

    の、記事が、書かれている。

     

    世界的には、人口爆発の方向で、大きな問題となってきている。

    それに、引き換え、日本は、少子化が問題になっている。

    少子化が問題になっていることの、大きな原因は、年金問題だけだと思う。

    あと、20年もすれば、その問題は消えていくと思う。

    それは、

    粗食時代に育った人達だから、長生きしているが、

    飽食時代に育った現代人が元気で長生きするとは思えない。

     

    予想をはるかに超える、大地震の予想。

    恐い話だと思う。

    これに、更に、原子力事故が、重なれば・・・、

    更に、恐い話が重なる・・・。

     

    現実的には、

    失業問題が次第に大きくなっていくと思う。

    それは、機械化、コンピュータ化、ロボット化、で、

    労働力は、人間を必要としなくなってきている。

    つまり、人口が増えれば、失業者が増える。

    つまり、若い働き手は、年寄りだけでなく、

    失業者の生活も支えなければならない構図になる。

     

    ということは・・・、

    少子化は、

    もっと、他の先進国レベル、今の半分、5000万人レベルまで

    進んだ方がいいかも知れない・・・。

     

    そうすれば、食料、エネルギーの問題は解消する・・・。

    いや、自然消滅する・・・。

     

    つまり、

    省危険、省エネルギー、省人口、の、今の方向でよろしいのでは、

    無いでしょうか。

    と、思いますが・・・。

     

     

    では。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    逮捕の運転手 個人でも営業か。 [思想]

    逮捕の運転手 個人でも営業か。

    2012年5月5日(土)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120505/t10014900481000.html

    群馬県の関越自動車道で大型バスが道路脇の壁に衝突し、乗客7人が死亡した事故で、逮捕されたバスの運転手が、個人でも外国旅行客に営業を行い、自分が所有するバスを会社の名義にして運行していたことが明らかになりました。国土交通省や警察は、掛け持ちで営業していた実態についても詳しく調べています。

    とありました。

     

    違法な業務をしていたとある。

    悪いこころでやっていたのか。

    致し方なくやっていたのか。

     

    悪いことは、事故に繫がる。

    絶対にやってはいけないこと。

     

    とは、思っていても、背に腹は変えられない事情があったのか。

    例えば、正規雇用にはなれなかった。

    アルバイトでは食べていけなかった。

    失業の可能性が高かった。

     

    ・・・、等々。

     

    しかし、

    死んでもやってはいけないことはやってはいけない。

    よく云われる言葉だと思う。

     

    しかし、現実には、

    失業者は増え、

    倒産も止まらない。

    そして、自殺者もこの十年以上、毎年3万人をこえている。

     

    生きていくには、つらい日本の姿が、数字に表れていると思う。

     

    法律も、個人を罰することは簡単だ。

    政府も、更に、法律を決めていくだろう。

    それも簡単だ。

     

    しかし、一番大事なのは、

    国民、皆が安心して生活できる社会が、

    出来ているのか。

    その方向に、国が進んでいるのか。

    と云う事は、大きな問題だと思う。

     

    ここを、なおざりにして、

    取締りばかり強化する。

    これが、もし、現実であったら、

    この手の事故は根絶できないと思う・・・。

     

    この事故から、

    タダの事故ではない。

    法律的には、

    事件性もある、と云う事も伝わってくる。

     

    しかし、

    無力な一国民が生きるために無理を重ねて起こしてしまった・・・。

    と云う一面も感じる・・・。

     

    悲しさだけが伝わってくる。

     

    昭和の時代、すべてがやさしかった日本。

    家族も、社会も・・・。

     

    そこからから時代は変わってきた・・・。

    これからも、

    弱肉強食の社会はますます、進行していきそうだ・・・。

     

    しかし、

    どんなに、追い詰められても、

    やってはいけないことは、やってはいけない。

     

    さもなければ、

    悲しい事故に出会う羽目になるかもしれない・・・。

     

    やさしさから、遠く離れてきた・・・。

    あたたかい厳しさとは異質だ。

    つめたさを感じさせる厳しさが当たり前となってきた。

    それは、弱者にとってだけかもしれないが・・・。

     

     

    では。

     

     

     

     

    群馬県の関越自動車道で大型バスが道路脇の壁に衝突し、乗客7人が死亡した事故で、逮捕されたバスの運転手が、個人でも外国人旅行客に営業を行い、自分が所有するバスを会社の名義にして運行していたことが明らかになりました。国土交通省や警察は、掛け持ちで営業していた実態についても詳しく調べています。

    この事故で逮捕されたバスの運転手、河野化山容疑者(43)は、警察の調べに対して、「自分はアルバイトの運転手だった。1人での運転は不安だった」と供述しているということです。
    河野運転手は、去年7月から千葉県のバス会社「陸援隊」でバスを運転していますが、会社の弁護士によりますと、個人でも中国人など外国人旅行客に営業を行い、自分が所有するバスを「陸援隊」の名義を借りて運行していたということです。
    こうした行為は、道路運送法で禁止された無許可営業に当たるとされています。
    今回、事故を起こしたバスは「陸援隊」が所有するバスですが、国土交通省や警察は、掛け持ちの営業による河野運転手の業務量を「陸援隊」がどの程度把握していたかや、運行前の休息がどれだけ徹底されていたかなど安全管理の実態について、解明を進めることにしています。

     

     

     

     

     


    長野・上高地に大勢の観光客。 [思想]

    長野・上高地に大勢の観光客。

    2012年5月5日(土)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120504/k10014897021000.html

    大型連休も後半となり、長野県松本市の上高地には、春の北アルプスの山々の景色を楽しもうと大勢の観光客が訪れました。

    とありました。

     

    行きたい。

    行ってみたいと思います。

     

    中国山地はやさしい山々。

    それは、日本昔話に出てくるような風景で、やさしさとあったかさで溢れている。

     

    しかし、

    写真でみる、春の北アルプスのイメージは全く異なる。

    と、思う。

     

    思いは、地球。

    地球のすばらしさをもっと知りたい。

    その願いは、年々大きく、強くなる。

    あちらこちらの地球の素顔を数多く見てみたい。

     

    悲しいかな、現実には、暇と、金の問題もある。

    出来れば、ゴールデンウィークははずしたいとも思う。

     

    観光バスで行くか。

    自分の車で行くか。

    本当は、自分の車で、せめて、一週間は時間をかけたい・・・。

    それにしても、広島からは遠い・・・。

     

    そんなこと、

    贅沢を考えているからいつまでたってもいけない・・・。

    ・・・、ではないか。

     

    まず身軽に、観光バスツアーで、短いスケージュールで、

    ・・・、探してみるか。

     

     

    では。

     

     

     

     

    大型連休も後半となり、長野県松本市の上高地には、春の北アルプスの山々の景色を楽しもうと大勢の観光客が訪れました。

    北アルプスの3000メートル級の山々を望むことができる上高地には、毎年、春から秋にかけて大勢の観光客が訪れます。
    大型連休も後半となり、4日も上高地のバスターミナルには、県内外から訪れた観光バスが並び、家族連れなどが散策を楽しんでいました。
    4日の上高地は、時折、雨が降るあいにくの天気でしたが、観光名所となっている河童橋の周辺では、訪れた人たちが雪が残る穂高連峰の雄大な山々と澄んだ水が流れる梓川の景色を背景に記念写真を撮っていました。
    福島県から訪れた60代の男性は「初めて上高地に来ました。とてもきれいな山々を見たら心が安らぎました」と話していました。
    上高地では、去年、東日本大震災による旅行の自粛や土砂災害で道路が一時、通行止めになった影響で、観光客が減少しましたが、ことしは、例年並みのおよそ150万人が訪れると見込まれています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    陳氏 電話通じて米議会で証言。 [思想]

    陳氏 電話通じて米議会で証言。

    2012年5月4日(金)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120504/t10014889221000.html

    中国の盲目の人権活動家、陳光誠氏の処遇を巡り、アメリカと中国の間で協議が続くなか、陳氏はアメリカ議会下院の委員会で電話による証言を行い、北京に滞在中のクリントン国務長官に会って、アメリカに出国するための支援を直接要請したいという意向を示しました。

    とありました。

     

    これは、何の問題か・・・。

     

    陳光誠氏の人権問題か・・・。

    中国の対応の問題か・・・。

    アメリカの対応の問題か・・・。

    米中戦略経済対話の問題か・・・。

     

    思想の違いは、多くの事象を異なるものにしてしまう・・・。

    個別の問題よりも、

    根底に流れる思想を理解しあえば、より解決はできやすくなると思うが・・・。

     

    しかし、悲しいかな、

    過去、現在、未来永劫に、思想は融合するようにはとても思えない・・・。

     

    しかし、できなければ、本当には、地球は、平和になれない・・・。

    ほんとうは、全世界の人々が平和を望んでいると云うのに・・・。

     

    この問題、純粋に、人権問題として、ご努力、ご尽力いただくことをお願いしたい。

     

    幸あれ。、とお祈りしたいと思います。

     

     

    では。

     

     

     

     

    中国の盲目の人権活動家、陳光誠氏の処遇を巡り、アメリカと中国の間で協議が続くなか、陳氏はアメリカ議会下院の委員会で電話による証言を行い、北京に滞在中のクリントン国務長官に会って、アメリカに出国するための支援を直接要請したいという意向を示しました。

    陳光誠氏は保護されていた北京のアメリカ大使館から病院に移ったあと、一転して国外に出たいという意向を示し、アメリカ政府は陳氏を中国国内の安全な場所に移すという中国側との合意を見直し、アメリカに向けて出国させる可能性も視野に中国政府と改めて協議を行っています。
    こうしたなか、陳氏は日本時間4日未明、アメリカ議会下院の中国特別委員会で電話による証言を行いました。
    この中で、陳氏は「7台の監視カメラや電流が流れる柵が自宅に設置されている。今、最も心配なのは母や兄弟の身の安全だ」と述べました。そのうえで、陳氏は「クリントン国務長官に会ってさらなる支援を得たい。そして直接、礼を言いたい」と述べ、北京に滞在中のクリントン長官にアメリカに出国するための支援を直接要請したいという意向を示しました。
    これを受けて、委員会のスミス委員長は「中国政府が陳氏の身の安全を保証するという約束を守るかどうかは非常に疑わしい。アメリカが本当に人権を重視しているかが試されている」と述べ、議会としてこの問題に積極的に関与していく立場を強調しました。

    米政界で批判高まる

    中国の盲目の人権活動家、陳光誠氏の処遇を巡る問題で、アメリカの野党・共和党の大統領候補者に指名されることが確実なロムニー前マサチューセッツ州知事は、3日、南部バージニア州で支持者を前に演説を行い、「アメリカ政府は米中戦略経済対話の協議に移りたいため、陳氏が大使館を離れることを決断するプロセスを急いだのだろう。アメリカ大使館は、明らかに陳氏と家族の安全を保証する対策をとることに失敗した」と述べました。そのうえで、ロムニー氏は「きょうは自由にとって暗黒の日であり、オバマ政権にとっては恥の日だ」と述べ、オバマ政権の対応を厳しく批判しました。
    また、アメリカのメディアでもアメリカ政府の対応を批判する論調が目立っています。
    このうち、有力紙「ワシントン・ポスト」の電子版は「陳氏が病院に移った際に中国政府はアメリカ政府の対応に強く反発しており、肯定的に捉えていないことは明らかだった。アメリカ政府は中国との関係を過信していたと言わざるを得ない」と、アメリカ政府の認識の甘さを批判しています。
    また、AP通信は「秋に大統領選挙を控えたオバマ大統領にとって、『米中戦略経済対話』を前に問題解決を急いだとか、人権問題に対し弱腰だといった批判につながる可能性もあり、頭の痛い問題だ」と指摘しています。

     


    米 ビンラディンの書簡を公開。 [思想]

    米 ビンラディンの書簡を公開。

    2012年5月4日(金)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120504/t10014888171000.html

    アメリカ政府は、去年、パキスタンで国際テロ組織アルカイダのオサマ・ビンラディン容疑者を殺害した際に隠れ家から押収した文書を公開し、ビンラディン容疑者が影響力を失うなかで組織の統制に苦しんでいた様子が明らかになりました。

    とありました。

     

    そうだったんだ・・・。

    911の後、世界中に不安が急激に拡大したが、

    その後、同じ規模のテロは起きなかった・・・。

     

    911の実行を遂行した実行犯の、組織を構成するポジションは高い人達だったに違いなかったのだ・・・。

    ジェット機を乗っ取り、操縦して、ビルにぶつけることなど、普通のレベルの人間にはできることではない・・・。

    思想、根性、知識、技術・・・、と物凄い高レベルの人間にしかできないテロだった。

     

    そんな、レベルの人間を、一度に多くを失った。

    ビンラディンにしては、多くの犠牲を伴った作戦だったということになる。

     

    それは、彼にしては、最後の大決戦くらいの位置づけだったのだろうか。

    多くの幹部を一度に失いながらも、アメリカに、世界中に大衝撃を与えた・・・。

    彼達にとっては大成功のはずだったに違いない・・・。

     

    しかし、

    そのテロは、その後、アメリカだけでなく、多くの世界からも、正当性を認められなかった・・・。

     

    はたして、

    ビンラディンにとって、911のテロは成功だったのか、失敗だったのか・・・。

    きっと、失敗だったに違いないかもしれない。

     

    その後、作戦遂行・・・、それが出来たとはいえ、

    同時に、

    彼を支えてくれる、レベルの高い多くの 同志を失ったと云う事態は、

    後の、彼の、苦悩の種を生んできたのかもしれない。

     

    アメリカは、とてつもなく巨大だと云う事を、

    そして、

    911の後の世界は、彼達に、彼達の存在の規模の大きさを自覚させたのかもしれない。

     

    優秀な部下の多くの犠牲の中で、彼は、力を失って行った・・・。

    ということかも知れない・・・。

     

    戦争、テロ・・・、その後に残るものは・・・、

    何も残らない・・・。

    破壊と更なる憎しみと多くの犠牲・・・。

     

    問題解決に、武力は無力だと云う事がわかる・・・。

    対話がうまくできる世界になって欲しい・・・。

     

    原爆二世、広島人は切に平和を願いたい・・・。

    いつの世紀になったら、誤解が無くなり、憎しみが無くなり、思想も融和し、武力が無くなり、武器が無くなり・・・、

     平和が訪れるのだろう・・・。

    簡単な問題であるはずなのに・・・、

    物凄くむつかしい・・・。

     

    ともかく、平和を祈ろう。

     

     

    では。

     

     

      

     

    アメリカ政府は、去年、パキスタンで国際テロ組織アルカイダのオサマ・ビンラディン容疑者を殺害した際に隠れ家から押収した文書を公開し、ビンラディン容疑者が影響力を失うなかで組織の統制に苦しんでいた様子が明らかになりました。

    公開された文書は、2006年からビンラディン容疑者が殺害される直前の去年4月までの本人が書いた書簡など17点合わせて175ページで、3日、英語の翻訳とともにアメリカ陸軍士官学校の研究機関のホームページに掲載されました。
    このうち、2010年の書簡の中で、ビンラディン容疑者は、みずからの意向に従わない関連組織によるイスラム教徒を巻き込んだ無差別テロを批判し、「イスラム社会でアルカイダが失った信頼を取り戻すため、これまでの過ちを認め、再生を誓う声明を発表する計画だ」と記し、組織の統制に苦しんでいた様子が色濃く表れています。
    一方で、テロの標的をアメリカに絞ることを強調し、オバマ大統領やアメリカ軍の司令官の乗った航空機を撃ち落とすため、2つの特別部隊を作るという具体的な計画も練っていました。
    これらの文書について、この研究機関は「ビンラディン容疑者はアメリカによる対テロ作戦で部下を失い、みずからも逃亡生活の中で影響力を失っていくことに強いいらだちを感じていた」と分析しています。

     

     

     

     

     

     

     


    ダルビッシュ投手 月間最優秀新人。 [思想]

    ダルビッシュ投手 月間最優秀新人。

    2012年5月3日(木)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120503/k10014874671000.html

    大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手が4月のアメリカンリーグの月間最優秀新人に選ばれました。

    月間最優秀新人は、大リーグを担当する全米の報道関係者の投票で選ばれます。
    ダルビッシュ投手は先月、5試合に先発し、両リーグでトップに並ぶ4勝を挙げ、防御率は2.18、合わせて33イニングを投げ、イニング数と同じ33個の三振を奪いました。
    月間最優秀新人は2001年から始まった賞で、日本選手が選ばれるのはイチロー選手や松井秀喜選手などに続き5人目です。
    一方、有力候補に挙がっていた投手部門の月間最優秀選手「月間MVP」には選ばれませんでした。ダルビッシュ投手は「賞をもらうことができてうれしいです。今後も頑張ります」というコメントを出しました。

    とありました。

     

    日本人選手で、アメリカ大リーグの栄光の歴史に残る選手になる、きっと。

    その上々のスタートを切ったという賞だと思う。

     

    野手で、数々の賞を手に入れ、記録を塗り替えたイチロー。

    そして、まだまだ続くイチロー。

     

    投手で、数々の賞を手に入れ、記録を塗り替えていくだろうと 期待させてくれる、ダルビッシュ。

     

    最大の敵は、怪我、故障。

    怪我無く、いつまでも、活躍される事を祈りたい。

    きっと、日本人の全国民の願いだと思う。

     

    では。

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    バス運転手 禁止の「日雇い」か。 [思想]

    バス運転手 禁止の「日雇い」か。

    2012年5月3日(木)

    NHKニュース

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120503/t10014873881000.html

    群馬県の関越自動車道で大型バスが道路脇の壁に衝突し乗客7人が死亡した事故で、逮捕されたバスの運転手が、道路運送法で禁止されている「日雇い」で働いていた疑いがあることが、国土交通省関東運輸局の特別監査で明らかになり、関東運輸局はバス会社の安全管理に問題があるとみて調べています。

    乗客7人が死亡、39人が重軽傷を負った事故では、バスを運転していた河野化山容疑者(43)が自動車運転過失致死傷の疑いで警察に逮捕されました。
    この事故を受けて、国土交通省関東運輸局は2日、バスを運行した千葉県印西市の会社「陸援隊」に対して特別監査を行いました。
    その結果、河野運転手が「日雇い」の雇用形態でバスを運転していた疑いがあることが分かったということです。
    道路運送法の運輸規則では、日雇いでの運転手の雇用は、安全上の管理ができないため禁止されています。
    関東運輸局によりますと、バス会社は、乗務員台帳などで運転手の勤務を管理しておらず、不定期に仕事を依頼しているような状況で、会社の社長は河野運転手がいつから勤務していたのか正確に把握していなかったということです。
    また、河野運転手は、警察の調べに対して「疲れていて、居眠りをした」と供述していますが、バス会社は、今回の運行前に河野運転手の健康状態をチェックしていなかったということです。
    関東運輸局は、バス会社の安全管理に問題があるとみて実態を詳しく調べています。

    とありました。

     

    この記事を読んで、

    このバス事故で、一番の問題はなにか? と考えてみると・・・。

     

    零細企業には、背に腹は替えられない事情が少なからずあると思う。

    しかし、多くの場合、多くの企業は、頑張っている。

    それは、多くの場合、会社の自己犠牲の上に成り立っている場合も少なくないと思う。

    零細企業の苦しさを理解しないで、法律は、保護してくれるどころか、緩和して、

    零細企業は、大海に投げ出される。

    こんな、感覚は苦しさと共にあると思う。

     

    禁止された雇用方法、日雇いをしていたと書かれている。

    確かに、安全優先で、してはいけないことには間違いないことだと思う。

     

    では、正規雇いで、会社が健全に継続していけるのか?

    問題は、ここにまで、引っかかってくる。

    会社を閉鎖した方が、いいというギリギリのところで生きるために頑張っている零細企業は多いと思う。

     

    やはり、自由競争、市場主義の行き過ぎが産んだ事故にも思える。

    事故の背景に、会社の経営、雇用、等々が無関係ではない。

    政府は、会社の責任を追及するだろう。

    されて当然だと思うが・・・。

     

    では、このような社会を作り続けている政府の責任はどうだろうか。

     

    、弱肉強食の市場原理ばかりしか見えない。

    それで、経済を維持、活性化させているように見える。

     

    ゆとりのある経営ができる環境つくりをしないと、

    不景気になると、ますます、同じ事故が起きるか、

    または、経営悪化、

    または、倒産の会社が出てくるかもしれない。

    どちらかに、追い込まれていく感覚を感じる経営者は少なくないと思う。

     

    日本のこころ、経営マインド、経営実態、経営環境・・・、

    日本が、だんだん壊れていっているような気がしてならない。

     

     

    では。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。