So-net無料ブログ作成

北朝鮮の対応に対して…。 [思想]

「対話と圧力」…対話の為に圧力をかける


よく考えると、圧力をかけて来た相手と

対話は、ふつう、不可能に思うのだが…


対話には、根底に相手を信じる気持ちがある事が不可欠

信用できない人との対話は意味をなさない


圧力をかけ続ける人が、はたして、信用できるか

と、いうと、ふつう、出来るわけがない


圧力をかける人との対話は降参を意味する事になる

勿論、圧力をかける方が、50/50の立場で話をする事

が出来れば、話は別だが…


それはまずない、と思う

高圧的に出るのに違いない


つまり、戦わずにして敗戦の状況になるかもしれない…

だとしたら、圧力には屈しない…

という方向に行くのは自然の成り行きかもしれない


そこへもって、物理的な圧力に加え

言葉の圧力も日増しに強くなって行く


こうして、双方、相入れなくなり、

戦争への危険は日増しに増して行く


よく考えて見れば、人間同士の付き合いも

国同士の付き合いも同じようなものだ


相互理解が失われると

愛が失われ

話し合いもすれ違いを起こす


言葉が、物事を解決できるのか?

愛があれば解決できるが

愛のない話し合いは不毛だ、いや更に悪化させてしまう


安倍首相の言葉が心配だ

その言葉に愛があるのか、無いのか?


私の根底には、日本の首相は毎年ノーベル平和賞に

値する仕事をして、それが評価され、


歴代のすべての首相が該当者になっても良いほど

日本は世界に平和の価値を発信できればと

願っていますが…


次第に、又、「武力で平和を守る」という国に

なっていっているような気がする…


先の大戦の一番の教訓は「武力で平和は築けない」

だった…。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

安倍政権の北朝鮮対応

 【論説】北朝鮮の軍事挑発がやまない。29日の弾道ミサイル発射は今年9回目、3週連続であり、日本の排他的経済水域(EEZ)内への落下は昨年8月に着水して以来4回目だ。国際世論を無視し、エスカレートする核・ミサイル戦略に日本はどう対処するのか。

 これまで安倍政権は「対話と圧力」が北朝鮮対策の基本姿勢だった。だが、このところ対話なき圧力重視に急傾斜。朝鮮有事に備え米軍との連携も視野に入れる。こうした強硬姿勢の中で遠ざかるのは日本人拉致問題解決への道である。

 対話なくして成り立たない難問。政府、自民党内からは「今年こそ結果を出すとの強い思いで頑張り抜く」との決意も聞こえてくるが、安倍政権に覚悟と具体策があるのか疑問だ。

 27日に閉幕した先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)は北朝鮮を「新たな段階の脅威」と指摘し、圧力強化で一致した。北朝鮮の野蛮で不毛な軍事挑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

発、対抗姿勢は東アジア地域の緊張を高め、国際社会で孤立を深めるだけだ。

 しかし、こうした北朝鮮の過激な策謀に、日本は冷静に対処する基本姿勢が崩れてきたのではないか。菅義偉官房長官は緊急記者会見で「対話ではなく、圧力が重要だ」と強調した。

 安倍晋三首相は先月訪れた英国での記者会見で「対話のための対話は何の解決にもつながらない」と指摘し、6カ国協議の早期再開より「国際社会が圧力を一致結束して高めていく必要がある」と述べている。

 まるで外交的解決を放棄するような発言だ。確かに実効性なき対話路線が北朝鮮に核・ミサイル開発の猶予を与えてきたとの見方はある。ただ、米国の狙いは朝鮮半島の緊張を高め、北朝鮮を対話に応じさせることにある。北朝鮮も軍事的圧力で対話を優位に導きたい狙いがちらつく。

 日本はこれまでどのような主導的役割を果たしてきたのか。強い言葉とは裏腹に米国に追従、中国にも依拠するしかない主体性のなさは安倍政権の外交能力の弱さを示していないか。

 安倍首相が最重要、最優先課題とする拉致問題が一向に前進しないのもそのことを如実に表している。

 4月23日、東京で開かれた拉致被害者らの早期救出を求める国民大集会で、首相は「被害者と家族の皆さんが抱き合う日まで私の使命は終わらない。安倍内閣で拉致問題を解決するとの考えに、いささかの揺るぎもない」と強調した。

 しかし、被害者家族らからは北朝鮮に対する怒りと同時に政府への批判の声も上がった。横田めぐみさんの拉致から40年。母親の早紀江さんは「何もできなかった40年は国家の恥だ。これ以上、恥をさらさないでほしい」と訴えた。怒りは頂点に達しているのだ。

 政権の北朝鮮脅威論から透けるのは、この機に乗じ憲法9条改正と自衛隊の強化を図り、多発するテロの脅威と結びつけて組織犯罪処罰法改正案を一気に成立させる戦略である。国民を欺いてはいないだろうか。
 


カープグッズに楽しそうなグッズが増えた。 [思想]

乗りに乗っているカープファンのとても喜びそうなグッズが限定で発売という記事が目に止まった


これは、あっという間に売れる予感がする


何がこの時計の凄いところがというと

喜びを共有したいというファンの心に響いている


一人で見ても面白いカープ

みんなで共有すれば

喜びの興奮度は一気に跳ね上がる


プレミアムがつくほどカープファンの心を興奮させるグッズだと思う。


記事を読んでいるだけでもカープは面白い

カープビジネスをする人の心は面白い


私?買いますか?

今年、球場のチケットも1枚も買えなかった

きっと、買えない


しかし、それほど、ヒートアップするカープファンは益々面白い!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カープファン専用時計型端末 試合状況、振動と光で通知

朝日新聞デジタル 5/31(水) 3:10配信

  •  

 シャープは29日、プロ野球・広島カープのファン向けに、時計型の端末「funband(ファンバンド)」を6月1日に売り出すと発表した。無線通信でスマートフォンとつなぐと試合状況を文字で表示するほか、試合の盛り上がりに応じて振動したり、LEDが光ったりする。

 バンドは、身につけたファンが応援中に腕を上下させるといった動きを感知。身につけたファン全員の動きが集計され、「応援パワー」として数値化して表示する。盛り上がっていると数値が大きくなる。

 LEDはチャンスで青色、ピンチでは赤色に光る。七回の攻撃前の「ラッキー7」時には振動と光で演出するなど、球場に足を運べないファンも試合の興奮を共有できるという。

 1千台の限定発売で、価格は1万円(税抜き)。利用するには別途有料の専用サービスに加入し、専用アプリもダウンロードする必要がある。広島県と山口県岩国市内の地元スーパーの計14店舗で発売する予定。

 シャープのIoT通信事業本部が東広島市にある縁で、カープとの協業が実現した。今後は他球団やスポーツ、コンサートなどの音楽イベントにも応用を検討中という。(金本有加)



囲碁の世界でも人間がAIに負けた記事について。 [思想]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間が人間の能力を上回るものを作り続けて来たのが科学の歴史だと思う。

身の回りにあるすべての小さな道具も、人間にない能力を持った道具だ。

電車、車、飛行機などになると人間の能力をはるかに超えたものだ。

 

人工知能AIが人間のある種の知能を超えた、というニュースは、やはり衝撃的だ。

これは、裏を返せば、天才と云われる人類最高の知能を持った人でも、

神の領域から 見れば、遥かに及ばないことを意味しているのかもしれない…。

 

いつか、人工知能が、さらなる人工知能を作る時代も遠くないような気がする。

そんな人工知能なら、宇宙のすべてを解き明かしてくれるかもしれない。

数学者を悩ませているという素数も解き明かしてくれるかもしれない…。

 

 

楽しみでもあり…。

すべてが解き明かされた時、

絶望に近い虚無感に襲われはしないだろうか…。

余計な心配だが…。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「AlphaGo」という“神”の引退と、人類最強の19歳が見せた涙の意味

WIRED.jp 5/28(日) 18:10配信

  •  

人類最強の棋士・柯潔(カ・ケツ)と囲碁AI「AlphaGo」の三番勝負は、AIの3連勝で幕を閉じた。完敗が決まった最終戦、19歳の柯はこれまでにない苦悶の表情を浮かべた。そして試合後の記者会見で、AIを開発するDeepMindはAlphaGoが囲碁を「引退」すると発表した。「囲碁の神」とまで言われたAlphaGoは、棋士そして人類に何をもたらすのか。現地からのレポート。

AlphaGoとの三番勝負の3局目、涙を拭った。

世界最強の囲碁棋士・柯潔(カ・ケツ)と、グーグル傘下のDeepMindが開発する人工知能(AI)「AlphaGo」による一連の対局は、2017年5月27日に柯が負けを喫して幕を閉じた。“フューチャーGOサミット”(Future of Go Summit)で5月23日、25日と行われた試合に続くこの結果により、柯の完全な敗北が決まった。


最後の試合、ぶどうやリンゴといった果物、チョコレート、クッキーを並べて対局に臨んだ柯は、これまでの2局より緊張しているように見えた。対局から2時間が過ぎたところでメガネを取り、手で顔を覆う。柯は苦悩しながら一手を打ち、そのまま席を立った。10分近い空白の時間のあと、席に戻った柯は涙を拭ってから次の一手を放つ。その後対局は1時間弱続き、柯は投了を宣言した。

18歳、人類最強

柯が囲碁を学び始めたのは2003年、5歳のときだ。アマチュア棋士として成功を収めてから、単身北京に渡った彼は11歳でプロに。その後、着実に成績を伸ばし、17歳で囲碁最高位九段を獲得する。2016年にはその後AlphaGoと戦うことになるイ・セドルに勝利し、3つの国際大会で優勝した最年少棋士となった。18歳にして、柯は人類最強の囲碁棋士という称号を背負うことになる。

輝かしい功績を誇る柯にとって、AlphaGoへの3回の敗北は辛いものだった。試合後の記者会見でも、その日の対局がどれだけ痛みのあるものだったか、そして恥じるべき自分のミスについて語った。さらに、最終戦前日の夜は眠れなかったこと、どんなテクニックを使えばAlphaGoに勝てるのだろうかと考えたと、自らの緊張を吐露した。

昨年のAlphaGoとイ・セドル戦の直後、柯は「自分なら勝てる」と豪語した。19歳で囲碁界の頂点に登り詰めた天才はファンから「柯潔大帝」と呼ばれ、その奔放さでも知られる。しかし、今回に関しては、柯の自らの実力への過信を責めることは難しい。世界最強の柯をして「囲碁の神」と言わしめるほどの圧倒的な進歩を、新しいAlphaGoが遂げていたからだ。

50局しか公開されない棋譜

そして「人類最強」を超えたAlphaGoは、そのまま囲碁から「引退」することになった。今回の試合が人間と対決する最後の場となり、DeepMindは新しいAlphaGoに関する論文を発表、囲碁AIの開発はほかの開発者に委ねられることが、試合後の記者会見で発表されたのだ。

「引退」を告げたDeepMindのデミス・ハサビスは、今回のサミットに参加した棋士、そして囲碁に関わるすべての人に感謝の意を表した。そして、過去のAlphaGo同士の対局データ50局分を10局ずつ10日ごとに公開することと、AlphaGoの「考え方」を囲碁の研究に活用できるツールを開発することを約束した。

ただ、発表の場にいた棋士のなかには、学習のために行われたAlphaGo同士の膨大な対局から50局分の棋譜しか公開されないことに、不信感をもつ棋士もいた。少なくとも100局以上の棋譜を分析しなければ、AlphaGoへの理解を深めることは難しいという。発表後すぐDeepMindのサイト上には10局分のデータが公開され、会場の棋士たちはスマートフォンを凝視し議論を始めていた。

囲碁は過程に過ぎなかった

2016年に突如姿を現わしたAlphaGoは、4,000年とされる囲碁の歴史に大きなインパクトを残し、別のステージに進むことになる。これは、AlphaGoを開発したDeepMindの理念が「人間の知性を解明する」ことであり、囲碁はあくまでもその過程にすぎないことを考えれば、当然のことだ。

2015年に「ブロック崩し」を完璧にプレイするAIを開発し世間を驚かせたスタートアップは、「人間を超えるために10年かかる」と言われた囲碁というゲームを通じて、いまだかつてない研究成果をものにした。記者会見でハサビスは、今後は特定の用途に限定されることがない、汎用性をもったAIの開発に取り組み、科学研究に貢献したいと語った。

サミット最終日とあって多くのメディアが詰めかけた記者会見は、前日の「ペア碁」「チーム碁」後の和やかな会見とは打って変わって、ある種の静けさに包まれていた。囲碁という創造の領域がもはや人間のみに属さないと証明されたこと、そしてDeepMindにとって囲碁は過程でしかなかったことに、人々は改めてショックを受けていた。

柯は試合後の記者会見で、「AlphaGoは世界を変えてしまったが、ぼくはぼく自身でありたい。そして囲碁が楽しいことを伝えたい。その責任がある」と語った。

遠くない将来、自分が誇りに思う領域に神のようなAIが現れたとき、われわれは何を思うのだろう。柯のように、神に勇気ある一手を放つことができるのだろうか。そして人生をかけた囲碁という文化の前進のために、AIと手を取り合うことができるのだろうか。

囲碁という4,000年の歴史をもつ文化を棋士たちがいかに発展させられるかは、AlphaGoのデータがいかに活用・公開されるかにかかっている。DeepMindが開発する囲碁研究のためのツールには、まず柯とAlphaGoの対局データが使われる。若き柯は、それを快諾したという。


日本KFCは、なぜピザハットを売却したのか [思想]



日本KFCは、なぜピザハットを売却したのか

 あまり話題にはならなかったが5月10日、ケンタッキーフライドチキン(KFC)を運営する日本KFCホールディングスが、傘下の日本ピザハットを投資ファンドに売却すると発表した。(東洋経済オンライン)







こんな記事がありました。


個人的にはピザは好きなので、この記事は気になりましたが…。



アメリカに8年半住んでいた時にすっかりファンにならされてしまった


ハンバーグもそうだが、ピザも

実は、チェーン店のものより個人のお店の方が好きだった


ラーメン屋さんもチェーン店展開するところと

個人のお店があるのと同じように


やはり、好み、その時の気分…等々があり

いろいろと利用させていただく…


この記事は食レポでは無くてビジネスとして捉えた厳しさを伝えている


ピザ産業のビッグスリーの成り立ち、浮き沈みを伝えている



ここにも戦争がある

ビジネス戦争だから良しとされる

それは、あって当たり前とも誰もが思う


しかし、ビジネス戦争と言えども

激しい競争…


激しすぎるところまで行き…

負ければ、

企業は死に至る


ひょっとすると、企業戦争の先にも

本当の戦争が起こる


本当の戦争の原因の大きな要素に

経済活動のあつれきがある…


人間の本質的にも

基本的には…


食うために戦う


食うための戦いを無しにする為に…

人類の歴史は頑張って来た


しかし、

大きな問題が出て来てしまった…


貧富の差はさらに広がる…

地球上の人口はさらに増える…


それでも…

全人類が豊かに生活する為には…


人間の英知と優しさが…

もっともっともっともっと…

必要なのだろう…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記事全文

 あまり話題にはならなかったが5月10日、ケンタッキーフライドチキン(KFC)を運営する日本KFCホールディングスが、傘下の日本ピザハットを投資ファンドに売却すると発表した。

【図】ピザハットは10年間で累積赤字が30億円超

 6月12日にエンデバー・ユナイテッド社の投資ファンドに譲渡する予定だ。金額は非公表だが、数億円程度とみられる。エンデバー・ユナイテッド社は、かつて三菱自動車や音響機器のティアックに投資していたフェニックス・キャピタル系列の会社だ。

■この10年の累計赤字は30億円超

 ピザハットは1958年に米国のカンザス州で生まれた。現在はKFCとともに米ヤム・ブランズ社の主要ブランドの1つになっている。

 日本では1991年に日本KFC傘下の宅配ピザとして、営業をスタートした。現在は直営店、フランチャイズ店合わせて全国に370店舗を構えている。

 だが、安定した利益を稼ぎ出すKFC事業に比べて、ピザハット事業はアップダウンが激しかった。変則決算や事業セグメントの変更などはあるが、この10年間で黒字化したのは3回に過ぎない。

 2017年3月期こそ5期ぶりに黒字となったが、10年間で累計30億円超の赤字を垂れ流している。

業績不振は売却理由ではない?

 日本KFCは直近では2007年に米本社とFC(フランチャイズ)契約を結び直している。契約内容は、2007年12月~2017年11月までは出店費用として1店ごとに100万円を支払うが、10年ごとの契約更新料は無料というものだ。

 ただ、今年11月からは金額が変わり、1店当たりに支払う金額は4.19万ドル(約465万円)に、契約更新料も2.09万ドル(約232万円)にハネ上がる。

 なお、ロイヤリティは売上高の6%。2012年度までに149店を新たに出店すれば減額される契約になっていたが、この出店数は達成できていない。

 日本KFCホールディングスの近藤正樹社長は5月10日の決算会見の場で、「(米国の)本部は相当な勢いで出店することを期待している。それに対し、当社はどちらかと言えばもう少し足元を固めつつやっていきたい。成長のスピードに関する(考え方の)共有がなされていなかった」と、ピザハット売却の背景を説明した。

 また会社側は今回の売却について、「長年赤字だったから、FC契約料が上がるから、ということで売るわけではない」「売却は以前から決まっており、(2017年3月期の)黒字化のタイミングは関係ない」と強調している。

 ただ、米本社が期待した成長を達成できず、収益も厳しかったピザハット事業を、FC契約の各費用が上昇する直前のタイミングで売却したとみるのは行き過ぎた見方だろうか。

■激変する宅配ピザ業界

 日本の宅配ピザは、1985年に日系ハワイ人のアーネスト・比嘉氏がドミノ・ピザを持ち込んだことに始まる。

 その後、輸入商社のフォーシーズが1987年にピザーラを、日本KFCが1991年にピザハットを設立。この3社が牽引する形で拡大してきた。

 現在、シェアトップはピザーラだ。同社の資料によれば、1997年から首位の地位にあるという。直営とFCを合わせた直近の店舗数は547店舗、売上高は370億円程度だ。

 ただ市場規模は1990年台前半には1400億円程度に達したものが、20年以上にわたって停滞。ピザーラもここ数年は店舗数は微減傾向で、売上高も減収が続いている。

急成長するドミノ・ピザ

 ところが停滞していた市場がここ数年、急激に伸び始めている。英調査会社ユーロモニターによれば、2012年に1443億円だった市場規模は、2016年に1603億円にまで拡大した。

 ピザハットとピザーラの勢いに陰りが見られる中で、市場を牽引しているのがドミノ・ピザだ。同社はアーネスト・比嘉氏が持ち株の一部を売却し、2006年に大和証券系のファンドとミスタードーナツを展開するダスキンが主要株主になった。

 その後は米国のドミノ・ピザが投資ファンドのベインキャピタルに買収されたことで、日本法人も2010年に同ファンドの傘下入り。さらに2013年9月にオーストラリアや欧州でドミノ・ピザを展開する大手FCチェーンが買収するなど、運営会社を転々としきた。

■ドミノが業界首位をうかがう

 そんな混乱もあってか、万年業界3位に甘んじてきたドミノだが、2014年にLサイズピザが半額になる、店舗から直接持ち帰るならもう1枚無料になる、などの販促がヒットした。

 「低価格戦略と、他社が手薄だった地方に出店することで、シェアを伸ばしている」(NPDジャパン、フードサービズのシニアアナリストの東さやか氏)。

 ドミノはここ数年は年間50~100店規模の出店を続け、急激に拡大。2014年にピザハットを抜き、直近の2016年6月期の売上高は334億円とピザーラに肉薄している。快進撃が続けば、ドミノが業界首位になるのはそう遠くないのかもしれない。

 苦戦が続きファンドに売却されることになったピザハットは再び成長できるか、そしてピザーラはドミノの猛追を振り切り首位を守れるか。宅配ピザ大手3社の戦いからは目が離せない。


『北朝鮮を攻撃すれば…』記事について [思想]

北朝鮮攻撃すれば「信じられない悲劇に」 米国防長官

朝日新聞デジタル 5/20(土) 10:40配信


 米NBCテレビは19日、複数の米国防当局者の話として、北朝鮮が14日に発射した新型ミサイル「火星(ファソン)12」に関して、弾頭が宇宙空間から大気圏に再突入する際に燃え尽きなかったと報じた。再突入が成功したとの見方を示したもので、北朝鮮が目指す米本土に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)の実戦配備に近づいたことを意味する。

 マティス米国防長官は19日の記者会見で、事実関係の確認を避けつつも「極めて高い高度まで上がってから落下しており、北朝鮮は多くを学んだようだ」と語った。

 弾道ミサイルには、大気圏再突入の際、高熱や衝撃から核弾頭を保護する技術が必要となる。北朝鮮は昨年3月、大気圏再突入の実験に成功したと発表したが、韓国や米国は認めていなかった。米側は、北朝鮮によるICBM技術の進歩にさらに警戒を強めることになりそうだ。

 一方、マティス氏は会見で、北朝鮮の核・ミサイル問題を解決する手段としての軍事行動について「信じられない規模での悲劇が起きる」と指摘した。米軍が北朝鮮の関連施設を先制攻撃した場合、反撃によって同盟国の日本や韓国などへの被害が出ることを念頭に発言したものとみられる。

 トランプ政権は「すべての選択肢がテーブルの上にある」として、軍事行動も辞さない構えで北朝鮮に圧力をかけてきた。マティス氏の発言は、軍事行動という選択肢に消極的な立場を示したものだ。マティス氏はまた、日韓や中国などとの協力で、外交的な解決を目指す考えを示した。(ワシントン=峯村健司)

 

軍事的圧力で解決するという考え方がますます難しくなって来た。

そもそも、圧力に屈する国はいないのかもしれない…。

 

次に、圧力がダメなら、対話で…、などという事は益々難しい。

対話の根底には信頼関係が不可欠。

 

圧力をかけられた側が圧力をかけた側に信頼をするという事は、

まず、

不可能に近い…。

 

益々難しくなってきた…。

核戦争が起こるのか…の瀬戸際なのかも知れない。

 

圧力でも、暴力でも問題は解決しないという事を、

第二次世界大戦は教えてくれた。

莫大な犠牲の上に得た平和と教訓…。

 

問題はどうやって対話のテーブルを作ることが出来るかだが…。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

完投目前の前田を交代させた監督が凄い。 [思想]

何年振りか…ブログを書きます。

ではまず…このニュースについて感じたことから。


メジャー初完投&完封逃すも、メジャー最長8回1/3を2失点の快投

 ドジャースの前田健太投手が10日(日本時間11日)、本拠地でのパイレーツ戦で8回1/3を5安打無四球5奪三振2失点(自責2)と快投し、3勝目(2敗)を飾った。9回にセルベリに2ランを被弾するまで完封ペースだった日本人右腕だが、パイレーツ打線を翻弄した変化球主体の力投に、敵将は“うんざり”させられたようだ。MLB公式サイトが報じている。

 

この試合の後、ドジャース監督のインタビューが放送された。

記者の質問は、完投目前の前田を交代させた理由…でした。

 

監督の答えは、

2ランを打たれた後、もしガタガタと来て…では無く

良いイメージで次の試合に臨めるように…

 

との主旨の内容でした。

 

負け試合の時は、得てして、交代時期が遅れる…

事は多いように感じる。

 

難しい判断だが、日常生活でも、仕事上でも、

似たような事は起きる。

 

失敗体験をしてでも、学ばせるか…

成功体験をさせて、自信をつけさせるか…

 

私は成功体験を重ねて、成長をしたいタイプだが…

はてさて、現実は厳しい。

 

ドジャースの監督の采配は好きです。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。